アイシン精機の乗り合いサービス「チョイソコ」に2019年度グッドデザイン特別賞

アイシン精機の乗り合いサービス「チョイソコ」
  • アイシン精機の乗り合いサービス「チョイソコ」
  • アイシン精機の乗り合いサービス「チョイソコ」
  • アイシン精機の乗り合いサービス「チョイソコ」
  • アイシン精機の乗り合いサービス「チョイソコ」

アイシン精機の乗り合いサービス「チョイソコ」が、「2019年度グッドデザイン賞」にて、グッドフォーカス賞 [新ビジネスデザイン]を受賞した。

同賞は、新たなビジネスモデルや新産業の創出、イノベーションの促進に寄与する優れたデザインに贈呈される特別賞。アイシン精機の特別賞受賞は、2015年度のグッドデザイン・未来づくりデザイン賞受賞などに続き、4度目となる。

チョイソコは、主に高齢者や交通不便者を対象とした、電話申込みで自宅最寄り乗降場から希望の行き先乗降場まで他利用者との乗り合いで送迎する移動サービスだ。複数の利用者の目的地・到着時刻を専用システムにより計算。複数の利用者が乗り合わせた上で目的地まで送る仕組みとなっており、地図上のルートの計算には、カーナビゲーションの技術を応用している。行き先乗降場はエリアスポンサーとして協賛している事業者や公共施設に設置。アイシン精機とスギ薬局が運営主体となり愛知県豊明市で市民を対象に有償実証実験を行っており、今後全国に展開する予定だ。

今回の受賞では、行き先施設にスポンサーになってもらうことで、無駄なところには立ち寄らない効率性と採算性を向上させた、地域デマンド交通システムの新しい姿を提案している点などが高く評価された。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 西武の001系特急電車『Laview』がグッドデザイン金賞に…小田急70000形に続く鉄道車両の受賞 画像 西武の001系特急電車『Laview』がグッドデザイン金賞に…小田急70000形に続く鉄道車両の受賞
  • 関西の大手鉄道事業者が共同でMaaS導入を検討---2025年の大阪・関西万博を視野に 画像 関西の大手鉄道事業者が共同でMaaS導入を検討---2025年の大阪・関西万博を視野に
  • 低速モビリティを利活用したMaaS実現へ、ヤマハ発動機など3社が共同で取組開始 画像 低速モビリティを利活用したMaaS実現へ、ヤマハ発動機など3社が共同で取組開始
  • タジマモーター×出光興産×デザイナー奥山氏、超小型EVで地域に貢献…東京モーターショー2019 画像 タジマモーター×出光興産×デザイナー奥山氏、超小型EVで地域に貢献…東京モーターショー2019

特集

おすすめのニュース