VW、新型盗難防止装置を市販車に搭載へ…キー通信の傍受を防止

VWがUWBを利用してリレーアタックによる自動車盗難を防止
  • VWがUWBを利用してリレーアタックによる自動車盗難を防止
  • VWがUWBを利用して車両のドアを開閉
  • VWがUWBを利用して車両のトランクを開閉
  • VWがUWBを利用して自動でトレーラーヒッチを作動

フォルクスワーゲン(Volkswagen)とNXPは8月27日、NXPの「UWB」(超広帯域無線)による高精度測距技術を利用した新しい盗難防止装置を、フォルクスワーゲンの市販車に搭載すると発表した。

UWBは車載分野だけでも、自動トレーラーヒッチ作動、車内の乗員検知、自動バレーパーキング、ハンズフリーパーキング、パーキングロットアクセス、ドライブスルー決済など、数多くの新たなユースケースを可能にする技術だ。

またUWB技術は、UWBアンカーの位置、その動き、他のデバイスとの距離などの情報を、数cmという高い精度でリアルタイム処理することができる。そのため、多くの新しいアプリケーションを実現するものとして、期待されている。

フォルクスワーゲンは、NXPのUWBによる高精度測距技術を利用した盗難防止装置を、市販車に搭載する計画だ。UWBは、自動車窃盗犯によるリレーアタックなど、自動車キー通信の傍受を防止できるという。

また、フォルクスワーゲンは高精度センシングを人工知能(AI)と組み合わせる予定だ。これにより、UWB自動車キーはドライバーのジェスチャーを学習し、車両のドアやトランクを簡単に開閉できる、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集