BMWの「オペレーティングシステム7.0」搭載車、車載ソフトの無線アップデートを初導入

BMWの「オペレーティングシステム7.0」搭載車の車載ソフトの無線アップデートのイメージ
  • BMWの「オペレーティングシステム7.0」搭載車の車載ソフトの無線アップデートのイメージ
  • BMWの「オペレーティングシステム7.0」搭載車の車載ソフトの無線アップデートのイメージ
  • BMWの「オペレーティングシステム7.0」搭載車の車載ソフトの無線アップデートのイメージ

BMWグループ(BMW Group)は5月27日、無線通信による車載ソフトウェアのアップデートを初めて導入すると発表した。まずは欧州で開始し、全世界に拡大展開する。

これは、新世代のインフォテイメント&デジタルコクピットの「オペレーティングシステム7.0」を搭載したすべてのBMW車が対象になる。車載ソフトウェアを、「リモート・ソフトウェア・アップグレード」を利用して、最新版に常に更新することができる。

例えば、「BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント」も、無線更新できる。BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタントは、AI(人工知能)技術を活用することで、音声会話だけで車両の操作、情報へのアクセスが可能となるもの。今までの音声入力と異なり、より自然な会話に近い言葉で、ドライバーの指示や質問を理解し、適切な機能やサービスを提供する。

BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタントの無線更新は、まずは新型『3シリーズセダン』、新型『8シリーズ』、新型『X5』などが対応する。

BMWの顧客は、車両の仕様に応じて、パソコンやスマートフォンを介して、または車内から、リモート・ソフトウェア・アップグレードを利用できる、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集