タクシー配車アプリの利用率、20-40歳代が4年で倍増の33.9% ジャストシステム調べ

イメージ (AC)
  • イメージ (AC)
  • タクシー配車の利用状況

ジャストシステムは4月11日、「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2019年3月度)」の結果を発表。20~40歳代の「タクシー配車アプリ」利用率が4年で倍増していることがわかった。

調査は、ジャストシステムのマーケティングリサーチに関する情報サイト「マーケティング・リサーチ・キャンプ」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施。17~69歳の男女1100名から得た回答をまとめた。

調査結果によると、首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)在住の20代から40代で、1年に1回以上タクシーを利用している人に配車依頼の手段を聞いたところ、「タクシー会社に電話」が最も多く(51.4%)、次いで「スマートフォンのタクシー配車アプリ」(33.9%)だった。「スマートフォンのタクシー配車アプリ」の利用率は、2015年3月度調査(16.3%)と比べると、2倍近く増加。一方、「タクシー会社に電話」は2015年3月度調査、2019年3月度調査ともに最も利用されている方法だったが、2015年3月度調査(64.3%)から10ポイント以上減少した。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • JapanTaxiタブレット搭載のタクシー、au Payでの支払いに5月より対応予定 画像 JapanTaxiタブレット搭載のタクシー、au Payでの支払いに5月より対応予定
  • タクシー相乗りアプリのNearMe、ゴルフ場相乗りサービスの実証実験開始へ 画像 タクシー相乗りアプリのNearMe、ゴルフ場相乗りサービスの実証実験開始へ
  • NAVITIMEとJapanTaxiが連携、ルート検索結果から簡単タクシー予約 画像 NAVITIMEとJapanTaxiが連携、ルート検索結果から簡単タクシー予約
  • 名鉄系タクシー7社、業界初の忘れ物自動通知サービス導入へ 画像 名鉄系タクシー7社、業界初の忘れ物自動通知サービス導入へ

特集