盗難被害車両、トヨタ プリウス が4年連続トップ

自動車 ビジネス 国内マーケット
2017年11月の自動車盗難事故実態調査
  • 2017年11月の自動車盗難事故実態調査
  • 2017年11月の自動車盗難事故実態調査
日本損害保険協会が発表した自動車盗難事故実態調査によると盗難被害車両ワースト1位は4年連続でトヨタの『プリウス』となった。

自動車盗難事故実態調査は自動車盗難防止対策の一環として、損害保険会社が毎年11月に保険金を支払った車両本体盗難278件、車上ねらい・部品盗難577件を対象に調査している。調査は2000年から実施しており、今回が19回目となる。

警察庁が発表している車両本体の盗難認知件数は減少傾向にあり、今回の調査となった2017年11月も前年に比べ22件の減少となった。しかし、車両本体盗難の被害が特定の車種に集中する傾向が強まり、プリウスが前年より3台多い62台で全体の割合が22.3%と、盗難車両の5台に1台がプリウスとなった。

2位はトヨタ『ハイエース』で55台、3位が『ランドクルーザー』で23台、4位が『アクア』で18台と、1~4位までは前年と同じ順位。5位は前年7位の『クラウン』、6位が前年5位だったレクサス(全車種合計)だった。1位から6位までトヨタ系の車が占めた。

7位は同率で三菱ふそうの『キャンター』とトヨタの『ハリアー』、9位がトヨタの『アルファード』と『セルシオ』、11位が日産『スカイライン』だった。

車両本体盗難における1件あたりの支払保険金は上昇傾向にあり、今回の調査では前年より14万8000円アップの253万2000円だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集