『マリオカート7』が2016年にミリオンセラー…海外での人気が影響

任天堂は、「平成29年3月期 第3四半期決算短信」の参考資料にて、ミリオンセラーを達成した自社タイトルについて発表した。2011年12月発売の『マリオカート7』は発売から5年経った今でも100万本以上売り上げていることが判明した。

モータースポーツ/エンタメ Nintendo
『マリオカート7』『ポケモン X・Y』が2016年にミリオン達成、3~6年前のタイトルも海外でまだ人気
  • 『マリオカート7』『ポケモン X・Y』が2016年にミリオン達成、3~6年前のタイトルも海外でまだ人気
任天堂は、「平成29年3月期 第3四半期決算短信」の参考資料にて、ミリオンセラーを達成した自社タイトルについて発表を行っています。

この参考資料内では、2016年4月~12月の間にミリオンセラーを達成した任天堂のゲームタイトルが公表。2016年11月に発売されたシリーズ最新作となる『ポケットモンスター サン・ムーン』は1,469万本、2016年12月に登場した『スーパーマリオメーカー for 3DS』は201万本と新しいタイトルが登場しているのはさておき、なんと2011年12月に発売された『マリオカート7』なども掲載されているのです。

6年前の『マリオカート7』は156万本、ひとつ前のシリーズ作品で2014年11月発売の『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』は184万本、さらにその前になる2013年10月発売の『ポケットモンスター X・Y』は136万本と、ニンテンドー3DSタイトルがずらりと並んでいます。

『マリオカート』シリーズは続編がWii Uでしか出ていない(携帯機向けの最新タイトルがない)、『ポケットモンスター』シリーズは過去作でしか入手できないポケモンが存在するなど、確かにそれぞれの作品の魅力は存在するのですが、それにしても驚くべき数字が並んでいます。なお、これらタイトルは主に海外で売れているようで、国内売上はその5~10%ほどになっています。

『マリオカート7』『ポケモン X・Y』が2016年にミリオン達成、3~6年前のタイトルも海外でまだ人気

《すしし@INSIDE》

編集部おすすめのニュース

Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース