日産 の大型ピックアップ、タイタン XD …米工場で生産開始

日産自動車は11月19日、米国ミシシッピ州のキャントン工場において、『タイタン XD』の生産を開始した。

自動車 ビジネス 企業動向
米国ミシシッピ州キャントン工場で量産が開始された日産タイタン XD
  • 米国ミシシッピ州キャントン工場で量産が開始された日産タイタン XD
  • 米国ミシシッピ州キャントン工場で量産が開始された日産タイタン XD
  • 米国ミシシッピ州キャントン工場で量産が開始された日産タイタン XD
日産自動車は11月19日、米国ミシシッピ州のキャントン工場において、『タイタン XD』の生産を開始した。

タイタンXDは2015年1月、デトロイトモーターショー15で初公開。初代『タイタン』は、日産初のフルサイズピックアップトラックとして、2003年に米国市場へ投入。現地では、フォード『Fシリーズ』やGMのシボレー『シルバラード』、クライスラーグループの『ラム』、トヨタ『タンドラ』などと競合してきた。

デビューから10年以上が経過して、日産はタイタンのフルモデルチェンジを実施。2代目は、新たにタイタン XDを名乗る。タイタン XDは、デザインはカリフォルニア州、開発はミシガン州、パワートレインの生産はテネシー州で実施。「メイド・イン・アメリカ」であることがアピールされる。

ディーゼルエンジンは、カミンズ製を搭載。5.0リットルV型8気筒ターボディーゼルは、最大出力310hp、最大トルク76.7kgmを発生する。米国のピックアップトラックで重視される最大牽引能力は、5443kg以上を確保した。

11月19日、米国ミシシッピ州キャントン工場から、タイタン XDの量産第一号車がラインオフ。2015年内の米国発売に備える。日産自動車の北米事業を統括するホセ・ムニョス副社長は、「タイタン XDに関わる全ての人に、感謝の意を表明したい」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集