日本電産、ドイツの車載用ポンプ大手を買収…電動ポンプ事業を強化

自動車 ビジネス 企業動向
日本電産 WEBサイト
  • 日本電産 WEBサイト
日本電産は、ドイツ自動車部品メーカーのゲレーテ・ウント・プンペンバウ(GPM)を買収すると発表した。

日本電産のドイツ子会社がGPMの創業家からGPM株式100%を取得する。

今回買収するGPMは、欧州市場で車載用ポンプでトップシェアの部品メーカーで、ウォーターポンプやオイルポンプ、モジュールポンプの開発・製造・販売を手掛けている。

世界の主要市場でCO2規制が強化される中で、自動車メーカー各社は、アイドリングストップ機能搭載車やハイブリッド車(HEV)、電気自動車(EV)などの開発を強化しており、これに伴って機械的可変式ウォーターポンプや、モータを動力とする電動ウォーターポンプ(EWP)、電動オイルポンプ(EOP)の需要拡大が見込まれる。

日本電産では、グループ会社の日本電産トーソクが電動オイルポンプを商品化しており、グループのモータとGPMのポンプを組み合わせることで、成長が見込まれる電動ポンプ需要を獲得できると判断した。

また、グループの日本電産エレシスが持つコントロール技術を活用することで、電動ポンプのパワーパック化を図ることが可能となり、自動車電動化ニーズに対応できるとしている。

GPMをグループ化することでモータ単体からモジュール化・システム化に対応したビジネスへの展開を進め、顧客ニーズに応える高付加価値ビジネスにシフトしていく。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 日本電産、車載モーターなどが好調で純利益が過去最高益…2014年9月中間決算 画像 日本電産、車載モーターなどが好調で純利益が過去最高益…2014年9月中間決算
  • ボッシュ、ZF とのステアリング合弁会社を100%子会社化 画像 ボッシュ、ZF とのステアリング合弁会社を100%子会社化
  • デルファイ、アンワイヤード社を買収…車載コネクティビティ事業を強化 画像 デルファイ、アンワイヤード社を買収…車載コネクティビティ事業を強化
  • 日本電産、インドで車載・産業向けモーターを製造する工場を新設 画像 日本電産、インドで車載・産業向けモーターを製造する工場を新設

特集