hitomi、RIKACO…カリスマ“ママタレント”が、同世代を励ますイベント

エンターテインメント イベント
「mama fes 2014 Autumn」に登場した妊娠8か月目のhitomi
  • 「mama fes 2014 Autumn」に登場した妊娠8か月目のhitomi
  • ステージで歌っているhitomi
  • 熱唱しているhitomiの全身ショット
  • トーク中のhitomi
  • 自身がプロデュースしている美容グッズを使っているhitomi
  • 美容グッズを説明しているところ
  • 美容グッズを説明しているところ
  • 「mama fes 2014 Autumn」でトークショーを行っているRIKACO
 去る9月6日、都内・恵比寿ガーデンプレイスにて「mama fes 2014 Autumn」が開催された。

 同イベントは、“日本のママをもっと元気に! もっとキレイに!!”をテーマにした参加体験型のフェスティバル。ママ友や子どもと一緒に、またママ自身も一人の女性として楽しんでもらうことを目的に、2010年から毎年1回実施されており、エイベックス・ライヴ・クリエイティブが企画制作を担当している。

 今年で6回目を迎えた同イベントにはステージプログラムがあり、歌手のhitomiが登場。hitomiは現在妊娠8か月目だが、ヒット曲「LOVE 2000」や「SAMURAI DRIVE」など4曲を熱唱。出産前のラストライブとして、約20分間のパフォーマンスを行ったあと、「元気な赤ちゃんを産みます!」と、はつらつとした表情で力強く宣言していた。

 ライブ終了後には、hitomiのトークショーがあり、第一子を出産したあとの体型の変化や予期せぬトラブルがあったことを話し、産後ケアの大切さをアピール。また、妊娠中だったり、デスクワークや長時間の立ち仕事などでむくんだ脚をケアできるアイテムとして、自身がプロデュースしている美容グッズを紹介する場面もあった。

 この日のステージプログラムでは、タレントのRIKACOによるトークショーも実施された。RIKACOは「日本は食育について遅れていると思っていて、自分でいろいろ調べています」と言い、毎朝生の果物を食べるようにして酵素を摂り、お昼はタンパク質が多い魚とネバネバ系のもの、お米は一善だけしか食べないことなど、健康を意識した食生活を送っていることを話した。

 また、RIKACOは、自分や家族の健康のためにも「食のことはしっかり考えるべき」という強い思いがあるようで、化学農薬や化学肥料を使わずに有機肥料などで栽培したオーガニックアイテムなどを提供するブランドを立ち上げていることも紹介。同ブランドではヨガスタジオも運営しており、ステージ上で専任のインストラクターによる「ママヨガ」が披露された。

 このほか、イベント会場では、ディズニーの長編アニメ映画『アナと雪の女王』のオリジナルジェルネイルアートを無料で体験できるブースや、主婦向け雑誌『ニナーズ』のカメラマンとスタイリストの指示のもと、雑誌の表紙のような親子写真を撮影してくれるコーナーなどもあり、大勢の来場者で賑わっていた。

hitomiやRIKACOが、ママたちの前で想いを伝える! …mama fes 2014 Autumn

《ダイエットクラブ編集部》

編集部おすすめのニュース