原付バイクと乗用車が出会い頭衝突、対向車も巻き込まれる

自動車 社会 社会

8日午前6時50分ごろ、愛知県岡崎市内の県道で、交差点を進行していた乗用車と原付バイクが出会い頭に衝突する事故が起きた。乗用車は対向車線側へ逸脱して対向車とも衝突しており、この事故で2人が死傷している。

愛知県警・岡崎署によると、現場は岡崎市土井町付近。交差点には信号機が設置されている。乗用車と原付バイクは交差点中央で出会い頭に衝突。衝突を避けようと急ハンドルを切った弾みで対向車線側に逸脱した乗用車は、対向車線側で停止していた別の乗用車に正面衝突するなど、車両3台が関係する多重衝突に発展した。

衝突によってバイクは転倒。運転していた同市内に在住する33歳の男性が頭部強打でまもなく死亡。対向車を運転していた79歳の男性が胸部骨折の重傷を負った。警察は衝突側のクルマを運転していた53歳の男性から自動車運転過失致死傷容疑で事情を聞いている。

警察ではバイクと乗用車のどちらかが信号を無視した可能性が高いとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集