ブリヂストンサイクル、ライトウエイトロードバイク アンカーRS8 発売

自動車 ニューモデル モビリティ

ブリヂストンサイクル、新型「アンカーRS8」を開発
  • ブリヂストンサイクル、新型「アンカーRS8」を開発
ブリヂストンサイクルは、レーサーが求める性能を追求したライトウエイトロードバイク「アンカーRS8」を開発し、2014年アンカー・モデルを10月から順次発売すると発表した。

今回新発売するRS8は、レース用トップモデルの「RIS9」を踏襲した弟モデルで、レーサーが求める性能と価格をバランスさせたフルカーボンのロードバイク。

フレーム、フロントフォークにカーボン素材を採用、実用性と耐久性を考慮しながら、軽量性を追求した。加速・反応性が高く、機敏な走りができる剛性設計と空気抵抗を軽減するための深い前傾姿勢がとれるフレーム寸法設計とした。

一般的なワイヤー変速機のルートは、ダウンチューブの外装、電動変速機のケーブルルートは内装とすることで、レーサーのアップグレード要望にも対応した。

また、フルカーボンのロードバイクながら価格を抑えた。価格は15万5000~31万円。年間販売目標は1500台。

アンカーは、1998年にレース志向からフィットネス目的のライダーに向け、ハイパフォーマンスで応えるためのスポーツ車ブランドとして誕生した。レース活動を通して蓄えられた豊富なデータをベースに、科学的に解析し、新商品の開発に役立てている。

RS8のほかに新たに開発した ジュニアロードの「アンカーRJ1」、MTBレース用の「アンカーXR9」、MTBトレイル用の「アンカーXG6」、短距離トラックレーサーの「アンカーTR9」を含め、全36モデルを10月から順次発売する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集