世界遺産の富士山、自然保護活動で住友ゴム工業とユネスコが連携

自動車 ビジネス 企業動向

住友ゴム工業と日本ユネスコ協会連盟発表会のようす
  • 住友ゴム工業と日本ユネスコ協会連盟発表会のようす
  • 住友ゴム工業と日本ユネスコ協会連盟発表会のようす
住友ゴム工業(ダンロップ)は9月9日、日本ユネスコ協会連盟と富士山周辺の環境保護活動に取り組むことを発表した。

第一弾は10月19日、富士山の忍野八海で実施する。住友ゴム工業の社員やその家族とともに周辺の清掃活動などに取り組む。2014年以降は、全国各地域で自然環境保護を目的とした取り組みを進めるという。

住友ゴム工業の山本悟常務執行役員は「東京モーターショー13にて、“究極のエコタイヤ”の量産モデルを発表します。住友工業とユネスコによる協働事業では、直接的な環境保護活動で地域、環境貢献を図ります」と述べた。

ユネスコ専務理事の内田眞朗専務は「ユネスコは地域に向き合ったボランティア活動を行なっています。そのなかのプロジェクトである『未来遺産運動』にダンロップさまに協力していただきます。100年後の子どもたちに、文化や自然を残そうという活動で、毎年10件ずつ、全国から寄せられた未来遺産にふさわしい対象を登録しています。特に今回は富士山に対しての環境保護活動で、富士山が末永く愛されるため、日頃の保全活動をサポートしていただきます」とした。

地域との交流、社会貢献に基づいた植樹活動などに取り組んできた住友ゴム工業は「チーム・エナセーブ活動」を展開している。マングローブ植樹をタイやインドネシアで進めるもので、植樹本数は累計100万本を達成した。

今回の連携に合わせて、チーム・エナセーブ活動を拡大展開し、「チーム・エナセーブ 未来プロジェクト」と位置づけた。
《土屋篤司》

編集部おすすめのニュース

特集