NGK、自動車部品用電子機器の製造・販売会社を設立

自動車 ビジネス 企業動向

日本特殊陶業(NGK)・webサイト
  • 日本特殊陶業(NGK)・webサイト
日本特殊陶業(NGK)は9月9日、新たに同社100%出資による新会社「日特電子株式会社」を設立し、オーエンスの電子回路に関する事業を譲り受け、営業を開始すると発表した。

NGKは自動車の触媒コンバータの加熱検知用として温度センサコントローラを生産開始以降、同技術を応用してグロープラグ用制御機器等の電子機器の開発、製造および販売をしてきた。

従来、製品に組み込む回路基板の実装は、外部EMS(電子機器の受託製造会社)に委託していたが、回路ビジネスへの本格参入により、高い品質および市場要求へのスピーディーな対応を実現するために新会社を設立し、民事再生手続き中のオーエンスより電子回路事業を譲り受けることとした。

NGKは新会社設立により、電子機器の設計、試作、評価、生産の一連の業務をグループ内で対応。従来から取り組む自動車用機器および医療用機器にくわえ、新規事業製品の開発にも注力していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集