メルセデスベンツ Cクラス に新開発エンジン搭載

自動車 ニューモデル 新型車
メルセデス・ベンツ日本は、メルセデスベンツ『Cクラス』(セダン/ステーションワゴン)に新開発のガソリン直噴ターボエンジンを搭載したモデル「C250CGIブルーエフィシェンシー・アバンギャルド」、「C250CGIブルーエフィシェンシー・ステーションワゴン・アバンギャルド」を導入、8月25日から発売した。

C250CGIブルーエフィシェンシー・アバンギャルドおよびC250CGIブルーエフィシェンシー・ステーションワゴン・アバンギャルドに搭載される新開発1.8リットル直列4気筒ガソリン直噴ターボエンジンは、シリンダー内にガソリンを高圧で直接噴射することで燃焼効率を高め低燃費化を図る。同時に、ターボチャージャーを搭載し高出力を実現。

従来の2.5リットルV型6気筒モデルにくらべ大幅に小型軽量化した新開発エンジンは、同等の出力と、最大トルク26%の増加を実現しながら、燃費は約20%の大幅な低減を図った。

価格はC250CGIブルーエフィシェンシー・アバンギャルドの場合で567万円となっている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 【VW ゴルフ GTI 日本発表】新エンジン搭載でパワー&燃費向上 画像 【VW ゴルフ GTI 日本発表】新エンジン搭載でパワー&燃費向上
  • 【D視点】高級オーディオブランド…ジャガー XF 画像 【D視点】高級オーディオブランド…ジャガー XF
  • トヨタアベンシス…エンジンラインナップ拡大 画像 トヨタアベンシス…エンジンラインナップ拡大
  • プジョー407クーペ…プジョー史上、最強のクリーンディーゼル搭載 画像 プジョー407クーペ…プジョー史上、最強のクリーンディーゼル搭載

特集