ブガッティの超希少車、オークション落札額記録更新か?

自動車 ビジネス 企業動向
ブガッティの超希少車、オークション落札額記録更新か?
  • ブガッティの超希少車、オークション落札額記録更新か?
  • ブガッティの超希少車、オークション落札額記録更新か?
  • ブガッティの超希少車、オークション落札額記録更新か?
米国の大手オークション運営会社、グッディング&カンパニー社は4日、8月15-16日に開催されるコンクールデレガンスのオークションに、1936年式ブガッティ『タイプ57Cクーペ』が出品されることを明らかにした。

このタイプ57Cクーペは歴史的に見て、非常に高い価値のある1台だ。何しろ、創業者のエットーレ・ブガッティ氏の誕生日プレゼントとして、1936年に特別に製作されたモデルなのである。ブラック&グリーンの特注ボディには、3257ccの直列8気筒エンジンが積まれ、当時としては超1級の最高速度153km/hを誇ったという。

やがて第2次世界大戦が勃発するが、この57Cクーペは難を逃れた。しかし1947年、エットーレ・ブガッティ氏が死去。同氏が寵愛した1台だけに、57Cクーペはフランス・モルスハイムのブガッティのワークショップで入念に整備が行われた。その後、このシャシーナンバー「57335」は、ブガッティ家に近い人物がオーナーとなり、万全のコンディションを維持し続けている。

ところで、最近のオークションでは、5月にイタリアで開催された「フェラーリ:伝説と情熱」において、1957年式フェラーリ『250テスタロッサ』が、902万ユーロ(約11億5000万円)で落札。自動車オークションの最高落札額記録を塗り替えたばかりだ。今回の57Cクーペはその希少性から、フェラーリの記録を更新する可能性があるといわれる。早くもコレクターが熱い視線を送る57Cクーペ、いったい、いくらで落札されるだろうか。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【東京コンクール・デレガンス09】ベストオブショウに世界で1台のマセラティ 画像 【東京コンクール・デレガンス09】ベストオブショウに世界で1台のマセラティ
  • フェラーリ、オークション落札額の新記録…11億5000万円 画像 フェラーリ、オークション落札額の新記録…11億5000万円
  • 50年前のフェラーリ250GT、ベストレストア賞に 画像 50年前のフェラーリ250GT、ベストレストア賞に
  • フェラーリ F430…最終仕様をチャリティオークションに 画像 フェラーリ F430…最終仕様をチャリティオークションに
  • フィアット 500C by DIESEL…世界に1台 画像 フィアット 500C by DIESEL…世界に1台

特集