太陽光発電を増加する装置 ヒビノと阪大が共同開発

自動車 ニューモデル 新型車

ヒビノは、今年度から大阪大学との「電気信号の伝送効率の改善」についての共同研究で、環境・エネルギー関連機器のひとつとして、太陽光発電インバーターシステムに装着することで、時間当たりの発電量の増加に寄与する装置の試作品開発に成功したと発表した。

この試作品は、大阪大学および太陽電池モジュールメーカーの協力による屋内実験と屋外実証実験で良好な結果が得られた。このため今後、同社は、環境・エネルギー事業参入への足がかりとするため、同モジュールメーカーとの試作・開発を継続し、早急な商品化、その他応用機器の事業化へ向け開発を展開するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品