クラリオンのAV、宇宙へ…NASA採用

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

クラリオンのAV、宇宙へ…NASA採用
  • クラリオンのAV、宇宙へ…NASA採用
  • クラリオンのAV、宇宙へ…NASA採用
  • クラリオンのAV、宇宙へ…NASA採用
クラリオンは、同社製DVDワイド7インチAVセンターユニット『VRX935VD』と6ディスクDVDチェンジャー『VCZ625』の米国モデルが、NASA(アメリカ航空宇宙局)に採用されたと発表した。

NASAでは、国際宇宙ステーション「ISS」(インターナショナル・スペース・ステーション)に滞在する各国の宇宙飛行士や科学者などのアミューズメント・エンターテイメント機能として装備する予定。カーAV機器がISSに採用されるのは今回が初めて。

ISSはアメリカ、ロシア、日本、カナダ、欧州各国などが進める国際共同開発プロジェクト。2000年11月からは、常時2 - 3人が交代で滞在している。

滞在クルーに、地上と同じような環境を提供するため、NASAでは、勤務外にクルー同士が親交を深めたり、リラックスを目的にDVDプレーヤーの搭載を計画している。

検討の結果、ISSのバッテリーがクルマと同じ12V電圧であることから、世界の主な車載機器メーカーのDVD対応製品を対象にテストし、DVD、CD、CD-R/RW、MP3と多様なメディア再生への対応、車載DVDとしての高い耐久性などが評価され、VRX935VDとVCZ625の採用が決定した。

クラリオンでは、VRX935VD、VCZ625をISS向けユニットに加工し、ロシア航空宇宙局「RSA」のスターシティ内で打ち上げる予定だ。ISS内では、クルー居住区近くに取り付けられる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集