村上開明堂、業績見通しを上方修正 タイと中国が好調

自動車 ビジネス 企業動向

村上開明堂は、2007年9月中間期の連結決算業績見通しを上方修正した。売上高は298億円を予想していたが、305億円になる見通し。タイ、中国での自動車用バックミラーの販売が予想以上に好調に推移しているため。

営業利益は、売上げが予想以上に伸びているのに加え、北米生産拠点の採算性が向上することから、6億円から10億500万円に大幅な上方修正を行った。経常利益も7億5000万円から12億円に、中間期純利益は3億円から6億円にそれぞれ上方修正した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集