横断中の女児がはねられ意識不明、クルマの信号無視か

自動車 社会 社会

2日夕方、岡山県倉敷市内の県道で、道路を横断しようとしていた8歳の女児が進行してきた軽乗用車にはねられた。女児は意識不明の重体。警察ではクルマが信号無視を行ったとして、運転していた78歳の男を逮捕している。

岡山県警・倉敷署によると、事故が起きたのは2日の午後5時50分ごろ。倉敷市広江付近の県道で、青信号に従って横断歩道を渡っていた8歳の女児が、赤信号を無視して進行してきた軽乗用車にはねられた。

女児はすぐに近くの病院に収容されたが、路上へ転倒した際に頭を強打して意識不明の重体。警察ではクルマを運転していた78歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕している。

現場は見通しの良い片側1車線の直線区間。女児は渡りきる直前にはねられたとみられている。警察の調べに対して男は「信号表示がなんだったのか記憶に無い」などと話しているという。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品