ジャガー『XK』シリーズをマイナーチェンジ

自動車 ニューモデル 新型車
ジャガー『XK』シリーズをマイナーチェンジ
  • ジャガー『XK』シリーズをマイナーチェンジ
  • ジャガー『XK』シリーズをマイナーチェンジ
  • ジャガー『XK』シリーズをマイナーチェンジ
  • ジャガー『XK』シリーズをマイナーチェンジ
ジャガージャパンは、高性能スポーツモデルの『XK』シリーズをマイナーチェンジして5月8日から発売すると発表した。エクステリアなどを変更した。

今回のマイナーチェンジでは、フロントバンパー、リアバンパー、サイドプレスラインを変更した。「XK8」は、リアスポイラー、エグゾーストパイプなどのデザインを変更した。「XKR」と「XKRコンバーチブル」のフロントグリルも新デザインのメッシュグリルを採用した。

新意匠のアロイホイールオプションを採用した。また、クロスドリルドブレンボブレーキ、20インチRパフォーマンスホイールなどで構成する「クーペ・ハンドリング・パック」など、新企画のメーカーオプション設定も加えた。

追加機能として30−240km/hまでの間で最高速度制限設定が可能なオートマチック・スピード・リミッタ−を標準設定した。

日本での価格はXKRクーペが1265万円、XK8が1150万円、XKRコンバーチブルが1460万円(全て消費税込み)。開催中のジュネーブモーターショーで国際披露された。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集