北陸の七尾線から国鉄型が消える…車載型IC改札機を備えた521系を投入 2020年秋頃 1枚目の写真(全2枚)
《出典 西日本旅客鉄道》七尾線へ投入される521系のイメージ。車体は「輪島の漆塗りを連想させる茜色」をイメージしたラインカラーが施され、車両異常挙動検知装置や先頭車間転落防止ホロ、戸挟み検知装置、運転士異常時列車停止装置(EB-N装置)を装備。車内はLED照明や多機能トイレ、情報案内装置などを備える。

編集部おすすめのニュース

  • 地域の交通事業者にもICOCAを導入へ…車載型IC改札機を応用 2021年春頃 画像 地域の交通事業者にもICOCAを導入へ…車載型IC改札機を応用 2021年春頃
  • 山陰本線は城崎温泉まで…ICOCAの利用エリアが北近畿圏へ拡大 2021年春 画像 山陰本線は城崎温泉まで…ICOCAの利用エリアが北近畿圏へ拡大 2021年春
  • JR西日本の『ICOCA』利用エリアが一体化…山陽本線と北陸本線のエリア分断が解消 9月15日から 画像 JR西日本の『ICOCA』利用エリアが一体化…山陽本線と北陸本線のエリア分断が解消 9月15日から
  • ICカード「タッチ」は車内で…JR西日本、境線にICOCA導入 2019年春 画像 ICカード「タッチ」は車内で…JR西日本、境線にICOCA導入 2019年春