芦森工業、通期予想を下方修正…原材料高騰と特許侵害訴訟和解金

自動車 ビジネス 企業動向

芦森工業は、2007年3月期の連結決算業績見通しを下方修正した。

通期業績見通しの売上高435億円を427億円と微減に、経常利益は従来予想の18億円から13億円にそれぞれ下方修正した。

主力の自動車安全部品部門で、新規受注獲得するなど、売上高はほぼ前回予想通り推移見込みだが、利益面では原油・原材料価格の高騰による経費が圧迫したため。

さらに、東海理化電機製作所から提訴された特許権侵害差止請求で、東海理化に支払う和解金12億5000万円を特別損失として計上するため、当期純利益も10億円から4億円に下方修正した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集