ワールド・カーオブザイヤーのノミネーション発

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

ワールド・カーオブザイヤーのノミネーション発
  • ワールド・カーオブザイヤーのノミネーション発
毎年4月のニューヨークオートショー(ニューヨークモーターショー)で発表されるWCOTY=ワールド・カーオブザイヤーのノミネート車種が発表された。

WCOTYはデトロイトモーターショーで発表されるCOTY(北米カーオブザイヤー)とは異なり、北米では販売されていないモデルも含めて、世界中のモータージャーナリストがベストな車に投票するグローバルな賞。

対象となるモデルの条件は、最低5カ国、2つの大陸で販売されていること。

今年ファイナリストに選ばれたのは、次の10モデル。

●アウディ『Q7』
●アウディ『TT』
●シトロエン『C4ピカソ』
●シトロエン『C6』
●フィアット『グランデプント』
●ジャガー『XK』
●レクサス『LS460』
●メルセデス『CL』
●『MINI』
●スズキ『SX4』/フィアット『セディチ』

ヨーロッパからのエントリーが多く、アメリカ車が入っていない(ジャガーをフォードグループと考えてもわずかに1モデル)という特徴が見られる。

また、パフォーマンスカーのカテゴリーでは以下がファイナリスト。

●アウディ『RS4』
●アウディ『S6』
●BMW『335i』
●BMW『M』/『Z4』/『Mクーペ』/『ロードスター』
●フェラーリ『599GTB』
●ジャガー『XKR』
●マツダ『3MPS』/マツダスピード『3』
●ポルシェ『911GT3』
●ポルシェ『911ターボ』
●ルノー『クリオ』・ルノー『スポーツ』

こちらもアメリカでは全く販売されていないモデルを含め、ヨーロッパ勢が優勢だ。

北米カーオブザイヤーとはテイストの異なるワールド・カーオブザイヤーに輝くのはどのモデル?発表は4月5日の予定。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集