2018年6月のメルセデスベンツ Gクラスに関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)
メルセデスベンツ Gクラス 新型…“463”がキーワード、商品企画責任者[インタビュー] 画像
自動車 ニューモデル

メルセデスベンツ Gクラス 新型…“463”がキーワード、商品企画責任者[インタビュー]

メルセデスベンツ『Gクラス』の商品改良が行われ、日本でも販売が開始された。骨格となるラダーフレームをはじめ、エクステリア、インテリアとも大きく変更されたが、フルモデルチェンジではないという。そこで、本社Gクラス商品企画責任者にその理由などを聞いた。

【メルセデスベンツ Gクラス 試乗】快適さだけがクルマの面白さじゃない…齋藤聡 画像
試乗記

【メルセデスベンツ Gクラス 試乗】快適さだけがクルマの面白さじゃない…齋藤聡

ゲレンデヴァーゲンは、いまや古き良きクルマの味わいを残す数少ないクルマの1台だ。なにしろ『Gクラス』がデビューしたのは1979年。1989年に1度大きめのマイナーチェンジを行ったものの、39年間基本レイアウトを変えることなく作り続けられてきたのだ。

メルセデスベンツ Gクラス 新型、あえてフルモデルチェンジと言わない理由とは 画像
自動車 ニューモデル

メルセデスベンツ Gクラス 新型、あえてフルモデルチェンジと言わない理由とは

メルセデス・ベンツ日本は6月6日、新型『Gクラス』の受注を開始した。新型ではラダーフレームが新設計されたほか、サスペンションも新開発するなど大幅に刷新されたが、同社ではフルモデルチェンジという表現をしてない。

メルセデスベンツ Gクラス 新型、商品企画責任者「自身のオフロード記録を刷新した」 画像
自動車 ニューモデル

メルセデスベンツ Gクラス 新型、商品企画責任者「自身のオフロード記録を刷新した」

メルセデス・ベンツ日本は6月6日、ラダーフレームやサスペンションを刷新するなど大幅な改良を施した新型『Gクラス』の受注を開始した。価格は「G550」が1562万円、メルセデスAMG「G63」が2035万円で、納車開始は8月下旬以降を予定しているという。

メルセデスベンツ Gクラス 新型を受注開始 最も大幅な改良[写真追加] 画像
自動車 ニューモデル

メルセデスベンツ Gクラス 新型を受注開始 最も大幅な改良[写真追加]

メルセデス・ベンツ日本は、 新型『Gクラス』を6月6日に発表し、同日より注文受付を開始した。納車は8月下旬以降の予定。

    Page 1 of 1