【まとめ】クラシックなアメリカンスタイル、進化は止まらない…ハーレーダビッドソン

自動車 ビジネス 国内マーケット

ハーレーダビッドソン ソフテイルスリムS
  • ハーレーダビッドソン ソフテイルスリムS
  • ハーレーダビッドソン ソフテイルスリムS
  • ハーレーダビッドソン ソフテイルスリムS
  • カスタムワークスゾン STREET750
  • アスタリスク STREET750
  • ハーレーダビッドソン ストリート750
  • ヨコハマホットロッド カスタムショー2015
  • ハーレーダビッドソン東大阪
2015年後半も、ハーレーダビッドソン関連のニュースが多く報じられた。新モデル情報から、各モデルのインプレッション、そして今後のハーレーというブランドの展開について、まとめて紹介する。


※タイトルをクリックすると記事へリンクします。

◆ハーレー、新モデル続々登場

ハーレーダビッドソン 883R がカタログ落ち…2016年モデル発表

ハーレー ロードグライドウルトラ、日本導入へ…トップエンドモデルの一台

【ハーレー 2016年モデル】軍用からインスパイア、FLSS ソフテイルスリム S がデビュー

【ハーレー 2016年モデル】ファットボーイローのスペシャル仕様…最強ツインカム110Bエンジン搭載

【ハーレー 2016年モデル】ソフテイル 全車にツインカム103B…待望の1689ccエンジン

ハーレー ダークカスタム 2016年モデル、アジア初公開を日本で

ハーレーダビッドソン 新型 フォーティエイト 初公開、台湾や韓国メディアも注目

【ハーレー 2016年モデル】全33機種が明らかに…最上位モデル CVO リミテッドは512万円

足まわりにこだわったハーレー「アイアン883」…日本人デザイナーの狙いは


◆ハーレー試乗記

【ハーレー アイアン883 試乗】足まわりが強化され、走りがアツイ…青木タカオ

【ハーレー ブレイクアウト 試乗】105cc増しの恩恵はアクセルを開けた途端に…青木タカオ

【ハーレー ソフテイルスリムS 試乗】1.8Lエンジンはケタ違いの力強さ…青木タカオ


◆ハーレーの今後は

水冷エンジンはオプション、空冷Vツインを将来も続ける…ハーレーダビッドソン上席副社長が明言

電動ハーレーは市販化に向け開発中…ハーレーダビッドソン上席副社長

ハーレーが脱高齢化、ターゲットをベテランからヤングアダルトへ
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【土井正己のMove the World】英国のEU離脱、「だまされた」のは工場労働者

    【土井正己のMove the World】英国のEU離脱、「だまされた」のは工場労働者

  2. 【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

    【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

  3. 「Drive or Drink」がコンセプト…メルセデスとヱビスがコラボ

    「Drive or Drink」がコンセプト…メルセデスとヱビスがコラボ

  4. クルマとビールが楽しめる“ザテラス”…メルセデスとヱビスがコラボ

  5. 6月の新車総販売台数は4.9%減と2か月連続でマイナス

  6. トヨタ プリウス などのリコール、米国に拡大…カーテンエアバッグに不具合

  7. ホンダ アコード、40周年…米国累計販売は1270万台以上

  8. 三菱自、「改革室」を設置…燃費不正再発防止、山下副社長直属

  9. メルセデス AMG GT、米国でリコール…駆動系に不具合

  10. 三菱 eKシリーズ、7月5日から販売再開

アクセスランキングをもっと見る