【ハーレー ソフテイルスリムS 試乗】1.8Lエンジンはケタ違いの力強さ…青木タカオ

モーターサイクル 新型車

ハーレーダビッドソン ソフテイルスリムS
  • ハーレーダビッドソン ソフテイルスリムS
  • ハーレーダビッドソン ソフテイルスリムS
  • ハーレーダビッドソン ソフテイルスリムS
  • ハーレーダビッドソン ソフテイルスリムS
  • ハーレーダビッドソン ソフテイルスリムS
  • ハーレーダビッドソン ソフテイルスリムS
  • ハーレーダビッドソン ソフテイルスリムS
  • ハーレーダビッドソン ソフテイルスリムS
トルク、鼓動感、従来のツインカム96B(1584cc)とは次元が違う。搭載されるエンジンが、排気量を217ccほど増したツインカム110B(1801cc)だからだ。

これまでは受注生産モデル『CVO』にしか採用されてこなかった110キュービックインチのVツインが、ソフテイルスリムに積まれ、その上級バージョン『ソフテイルスリムS』として新たにデビューした。

2016年モデルでは、ソフテイルファミリー全機種でパワーユニットを1584→1689ccに排気量アップしたが、新たに設定したSシリーズ(ソフテイルスリムS、ファットボーイS)でのみ1801ccエンジンを搭載。アクセルを開けた途端、ケタ違いの力強さがわかり、低回転域から潤沢なトルクを発揮する。

街乗りでは2000rpmも回っていれば充分で、発進時以外はローやセカンドに入ることはまずない。高速道路でもエンジンを引っ張り上げるのは、よほどの加速をしたいときだけに限られ、高めのギヤを使ってVツインならではの鼓動感を味わいつつ走行車線を流せば、至福のクルージングである。

それを後押しするのが、上級仕様「Sシリーズ」ならではのクルーズコントロールの装備で、ハンドル左のスイッチボックス下にボタンが備わり、1回押せばメーター内のインジケーターが赤色に点灯し、スタンバイ。さらにボタンを下に引けばインジケーターが緑になり、クルコンがセットされる。

アクセルを開閉する右手の疲れが軽減されるのは言うまでもなく、ロングツーリングではその恩恵をより強く感じ、慣れてしまえばなくてはならない装備となる。

さらに油圧クラッチが採用されるほか、オリーブゴールドデニムの車体にはミリタリーテイストを感じる専用のグラフィックが与えられ、プレミアム感の強い1台となっている。

■5つ星評価
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★
コンフォート:★★★★
足着き:★★★★★
オススメ度:★★★★

青木タカオ|モーターサイクルジャーナリスト
バイク専門誌編集部員を経て、二輪ジャーナリストに転身。国内外のモーターサイクルカルチャーに精通しており、取材経験はアメリカやヨーロッパはもちろん、アフリカや東南アジアにまで及ぶ。自らのMXレース活動や豊富な海外ツーリングで得たノウハウをもとに、独自の視点でオートバイを解説している。現在多くのバイク専門誌、一般誌、WEB媒体で活動中。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 二輪車向け世界初「サイドビューアシスト」、初めての搭載はマキシ・スクーターから...ボッシュ

    二輪車向け世界初「サイドビューアシスト」、初めての搭載はマキシ・スクーターから...ボッシュ

  2. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

    ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  3. カスタマーにワオ!届けたい…本邦初公開のハーレー ロードスター で“熱い夜”を体験

    カスタマーにワオ!届けたい…本邦初公開のハーレー ロードスター で“熱い夜”を体験

  4. 富士山麓がハーレーで埋め尽くされた1日…ブルースカイヘブン

  5. ラビットヘッドをあしらった「プレイボーイ」コラボメット発売

  6. ヒト型自律ライディングロボット「MOTOBOT」、ついにロッシとご対面[動画]

  7. KTM、ストリートユーザー向けファンイベントを筑波で開催…7月17日

  8. ハーレー スポーツスターファミリーの新モデル「ロードスター」発売

  9. 【ドゥカティ スクランブラー SIXTY2 試乗】扱いやすさのなかにスポーティさがしっかり…青木タカオ

  10. モトグッツィ、V9ボバー を日本導入…先行受注を開始

アクセスランキングをもっと見る