電動ハーレーは市販化に向け開発中…ハーレーダビッドソン上席副社長

モーターサイクル 企業動向

ハーレーダビッドソン・シニアバイスプレジデント ビル・ダビッドソン氏。インドネシア・バリにて。
  • ハーレーダビッドソン・シニアバイスプレジデント ビル・ダビッドソン氏。インドネシア・バリにて。
  • 2015年2月、マレーシア・セパンにて試乗会を開催した電動ハーレー、Project LIVEWIRE。
  • ハーレーダビッドソン・シニアバイスプレジデント ビル・ダビッドソン氏。インドネシア・バリにて。
  • 2015年2月、マレーシア・セパンにて試乗会を開催した電動ハーレー、Project LIVEWIRE。
  • ハーレーダビッドソン・シニアバイスプレジデント ビル・ダビッドソン氏。インドネシア・バリにて。
  • 2015年2月、マレーシア・セパンにて試乗会を開催した電動ハーレー、Project LIVEWIRE。
  • ハーレーダビッドソン・シニアバイスプレジデント ビル・ダビッドソン氏。インドネシア・バリにて。
  • 2015年2月、マレーシア・セパンにて試乗会を開催した電動ハーレー、Project LIVEWIRE。
発売前にも関わらず、一部メディアそしてユーザーのための体験試乗会を世界中で実施した『Project LIVEWIRE』(電動ハーレー)。その進捗状況について、ハーレーダビッドソン社シニアバイスプレジデント、ビル・ダビッドソン氏が語った。

「プロジェクトを発表した後、みなさんに体験していただき、そのフィードバックを受けてさらに製品開発に活かすという進め方は、従来とは若干違うアプローチです。いま言えることは、すごく情熱的に受け入れられて高く評価してもらっているということで、それはとても喜ばしいことだと思っています」(ビル・ダビッドソン氏)

いよいよ市販化が間近なのだろうか。

「市販化がいつというのは答えられませんが、製品化したときにはユーザーの声を反映した最高のものを提供できると思います。また、電動モーターサイクルを大手バイクメーカーとして一番最初に発表できたことは誇らしく思っています」(同氏)

体験試乗会『Project LIVEWIRE Experience』は、2014年6月、北米30都市でスタートすると、今年はマレーシア、さらにヨーロッパでも順次開催された。

加速スペックは、0→60mph(約96km/h)4秒以下、最高速148km/hと公表。車体重量はストリート750よりも20kgも軽い210kg。

電動であるにも関わらず、サウンドにもこだわったというから、いかにもハーレーらしい。ヘルメット越しに聞こえるのは、加速するにつれて甲高くなるジェットサウンドだった。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. ハーレーの新型エンジン『ミルウォーキーエイト』…油冷エンジンと言えます

    ハーレーの新型エンジン『ミルウォーキーエイト』…油冷エンジンと言えます

  2. ハーレーの新型エンジン『ミルウォーキーエイト』…アイドリングは850

    ハーレーの新型エンジン『ミルウォーキーエイト』…アイドリングは850

  3. 携帯ショップがバイク事業に参入…テルル

    携帯ショップがバイク事業に参入…テルル

  4. ハーレー 2017年全32モデル発売、ツーリングファミリーに新エンジン搭載

  5. バイクの魅力は「風や自然を感じる爽快感」…3人に1人が回答

  6. 【リコール】カワサキ ZRX1200 DAEG、オーバーヒートのおそれ

  7. 「ジェントルマンズ ライド」日本初開催---トライアンフが支援 9月25日

  8. カワサキ、AIを活用した次世代モーターサイクルの開発に着手

  9. ヤマハ発動機、コミューターに搭載できるモーターサイクル搭載用品を世界各国で販売

  10. ドッペルギャンガー、ツーリング先で気軽に火を楽しめる新アイテム発売

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら