【まとめ】待望の新型ついに登場、燃費は40km/L越え…トヨタ プリウス

自動車 ビジネス 国内マーケット

トヨタ プリウス(東京モーターショー15)
  • トヨタ プリウス(東京モーターショー15)
  • トヨタ プリウス
  • トヨタ プリウス
  • トヨタ プリウス
  • トヨタ プリウス
  • トヨタ プリウス
  • トヨタ プリウス
  • トヨタ プリウス
トヨタ自動車は、『プリウス』をフルモデルチェンジし、12月9日より販売を開始した。間違いなく今年一番の話題となった新型プリウスの詳細を、開発者の言葉や想い、ジャーナリスト達による試乗レポートから明らかにする。

4代目となった新型プリウスは、最大熱効率40%を実現したエンジンの搭載をはじめ、モーター、トランスアクスル、パワーコントロールユニット、駆動用バッテリーといったシステム全体で小型・軽量化を実現。さらに約20%の低損失化を図り、環境性能に磨きをかけた。

「E」グレードでは、クラス世界トップレベルの40.8km/リットル(JC08モード)を実現。その他の2WD車も37.2km/リットルの低燃費を実現し、全グレード「エコカー減税」の免税対象とした。

また新型プリウスは、「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」の思想に基づくクルマづくりを適用した第1号車となる。低重心パッケージによるエモーショナルなスタイルや、先進的で温かみを持たせたインテリアを創出。ボディねじり剛性を約60%向上させた高剛性ボディやダブルウィッシュボーンリヤサスペンションの新採用などにより、走る楽しさや快適性を向上させた。

※タイトルをクリックすると記事へリンクします。


◆新型プリウス開発秘話

【トヨタ プリウス 新型】開発責任者、基本性能を「もっと、もっとと底上げした」

【トヨタ プリウス 新型】エンジンの最大熱効率を40%に引き上げ…ディーゼルに匹敵

【トヨタ プリウス 新型】4WDモデルを初設定…日本市場専用仕様で投入へ

【トヨタ プリウス 新型】「Cd値0.24」を実現…ルーフピークの前出しやグリルシャッターも

【トヨタ プリウス 新型】チーフエンジニア、燃費改善で「もう次のチャレンジを始めなければ」

【トヨタ プリウス 新型】豊島チーフエンジニア「2段階、3段階上げて、もっといいクルマに」

【トヨタ プリウス 新型】グレード、仕様に応じて2種類の電池を使い分け


◆デザイン一新、写真で見る新型プリウス

【東京モーターショー15】トヨタ プリウス…4代目、ついに日本初披露[詳細画像]

【トヨタ プリウス 新型】「もっといいクルマ」に、新開発のTNGAを採用[写真蔵]

【トヨタ プリウス 新型】4WD仕様を初設定、安全装備も充実[写真蔵]


◆デザインにもこだわり

【トヨタ プリウス 新型】メインカラーが「赤」や「ライムグリーン」になった理由とは

【トヨタ プリウス 新型】クリアさを表現するのに苦労した「赤」

【トヨタ プリウス 新型】デザインで積極的に選ばれるクルマをめざした

【トヨタ プリウス 新型】低重心と視界向上を両立するデザイン

【トヨタ プリウス 発表】日常空間として心地よく過ごせる内装に


◆新旧比較、その差の程度は?

【トヨタ プリウス 新型】新旧比較試乗、注目は燃費よりシャシー性能

【トヨタ プリウス 新型】徹底的な低重心がもたらす新型の進化とは?…新旧パッケージング比較 キャビン編

【トヨタ プリウス 新型】バッテリーの後席下移設で得たメリットとデメリット…新旧パッケージング比較 ラゲッジ編
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. テスラ、カーシェアリングに進出へ…自動運転との連携も視野に

    テスラ、カーシェアリングに進出へ…自動運転との連携も視野に

  2. ホンダ欧州販売…33.5%増の8.8万台、ヴェゼル が牽引 上半期

    ホンダ欧州販売…33.5%増の8.8万台、ヴェゼル が牽引 上半期

  3. マクラーレン、2016年販売は倍増の見通し…スポーツシリーズ効果

    マクラーレン、2016年販売は倍増の見通し…スポーツシリーズ効果

  4. バス乗車券の予約から乗車券提示までスマホアプリで---「BUS PAY」提供開始

  5. 三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

  6. いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

  7. ドイツ高級3ブランドの中国販売、アウディが首位 6月

  8. 村田製作所、車載カメラに最適な巻線インダクタを商品化

  9. シャープ、交通監視用カメラ向け4/3型CCDを開発…業界トップクラスの感度実現

  10. GM、タカタ製エアバッグで追加リコールの可能性…最大430万台

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら