【トヨタ プリウス 新型】4WD仕様を初設定、安全装備も充実[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ プリウス プロトタイプ(4WD仕様)
  • トヨタ プリウス プロトタイプ(4WD仕様)
  • トヨタ プリウス プロトタイプ(4WD仕様)
  • トヨタ プリウス プロトタイプ(4WD仕様)
  • トヨタ プリウス プロトタイプ(4WD仕様)
  • トヨタ プリウス プロトタイプ(4WD仕様)
  • トヨタ プリウス プロトタイプ(4WD仕様)
  • トヨタ プリウス プロトタイプ(4WD仕様)
  • トヨタ プリウス プロトタイプ(4WD仕様)
4代目にフルモデルチェンジしたトヨタの新型『プリウス』。プロトタイプ仕様のモデルを写真で紹介する。フルモデルチェンジに伴い、プリウス初となる新開発の電気式4輪駆動方式(E-Four)を採用したのも注目のポイントだ。

E-Fourは走行中自動的に4輪駆動の必要性を判断し、4輪駆動制御を行う。2WD車のパッケージをベースにし、コンパクト化されたシステムは車両後方に配置され、乗員スペースや荷室容量の影響を削減している。

安全面では、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」や「ITS Connect」など先進技術を採用。トヨタ車初採用となるSafety Sense Pは、ミリ波レーダーと単眼カメラを用い、クルマだけでなく歩行者も認識する歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティや全車速追従機能付レーダークルーズコントロールなど4つの先進安全技術を含む。
《太宰吉崇》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

    【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  2. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

    【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

  3. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

    【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  4. 【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

  5. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  6. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  7. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

  8. ポルシェ カイエン 次期型、“ランデブー”高地テストを激写

  9. MINIセブン 発売、原点「オースチン・セブン」を彷彿

  10. ランドローバー ディスカバリースポーツ、2017年モデルの受注開始

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら