【トヨタ プリウス 新型】チーフエンジニア、燃費改善で「もう次のチャレンジを始めなければ」

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ プリウス 新型
  • トヨタ プリウス 新型
  • トヨタ自動車 製品企画本部 豊島浩二 チーフエンジニア
  • トヨタ自動車 新型プリウス 発表会
  • トヨタ自動車 新型プリウス 発表会
  • トヨタ自動車 新型プリウス 発表会
  • トヨタ自動車 製品企画本部 豊島浩二 チーフエンジニア
  • トヨタ自動車 新型プリウス 発表会
  • トヨタ自動車 新型プリウス 発表会
トヨタ自動車は12月9日、『プリウス』をおよそ6年半ぶりに全面改良し、発売した。最高燃費は40.8km/リットルと世界トップレベル実現した。先代モデルからは25%超の燃費向上となる。

新型プリウスのチーフエンジニアを務める豊島浩二氏は「40.8km/リットルを出したが、もう次のチャレンジをこれからまた始めなければいけないというのがトヨタ自動車の宿命」と言い切る。

次なるチャレンジへの道のりについて豊島チーフエンジニアは「今回、TNGAでいろいろなアイテムを積み上げることで達成したが、これからはちょっとずつ積み上げていきながら、同じモデルの中でも少しずつ伸ばしていき、そしていずれかのタイミングでジャンプアップしていくという開発になる」とした上で、「手法としてはまだまだいろいろあると思う。電池の改善も余地を残していると思っている」との見方を示した。

その一方で「モード燃費を上げると、実燃費値との兼ね合いがでてくる。モード燃費だけを追うわけではなくて、今後は実燃費も追っていかないといけない」とも指摘し、「最後はお客様の運転の仕方になるので、新型ではモード燃費に近づけられるような装備も採用している」と述べた。

新型プリウスでは路車間、車車間通信を活用した『ITSコネクト』をオプション装備として採用している。豊島氏は「ITSコネクトで車と信号機が通信することによって、無駄な加減速をなくすようにするなど、インフラとの協調もやっていかないと実燃費は上がっていかない。そうした装備をどんどん増やしていくことによって実使用での燃費が上がっていくことが環境を底上げすると思っている」とも話していた。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 歴代最強のVW ポロ GTI、次世代型の走りを見た[動画]

    歴代最強のVW ポロ GTI、次世代型の走りを見た[動画]

  2. ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

    ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

  3. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

    【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  4. 【SUPER GT 第6戦】ホンダ NSX に熱い眼差し

  5. VWの新型SUV、車名は「トラモント」か…中国メディアがスクープ

  6. 【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

  7. 【インタビュー】"効率"はエコだけじゃない!EVパワーモードでコスパを実感してほしい…トヨタ プリウスPHV 豊島チーフエンジニア

  8. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  9. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

  10. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら