オートモーティブワールドニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

オートモーティブワールドに関するニュースまとめ一覧

リード エグジビション ジャパンは、企業向けの自動車次世代技術専門展「オートモーティブ ワールド2017」を2017年1月18日(水)から20日(金)までの3日間、東京ビッグサイトで開催する。

オートモーティブ ワールドは、「第9回 カーエレクトロニクス技術展」「第8回 EV・HEV駆動システム技術展」「第5回 コネクティッド・カー EXPO」「第7回 クルマの軽量化 技術展」「第3回 自動車部品 加工EXPO」の5つの展示会で構成。世界中の自動車メーカー・自動車部品メーカーとの技術相談・商談のための展示会となっている。

「オートモーティブ ワールド2017」には、車載半導体、設計・開発ソリューション、ADAS/自動運転、EV・HEV、設計・シミュレーションツールなど、それぞれの分野における有力企業が一堂に出展。出展社数は昨年から120社増え、過去最多の900社。自動車技術の展示ではアジア最大規模での開催となる。

カーエレクトロニクス技術展は、カーエレクトロニクス技術に関するあらゆる部品・材料、ソフトウェア、製造装置、テスティング技術を紹介。EV・HEV駆動システム技術展では、電気自動車・ハイブリッド車の中枢技術であるモータ・インバータ、二次電池、充電に関するあらゆる技術が一堂に出展する。

クルマの軽量化 技術展では、軽量化に必要な部品、材料、加工技術、設計技術などが一堂に集まる。コネクティッド・カー EXPOは、テレマティクスサービス、運行管理システムなどを紹介。自動車部品 加工EXPOは、自動車部品の加工技術・設備、量産・試作請負に特化した専門技術展となる。

また、期間中は展示会とあわせて自動運転/ADAS、AI(人工知能)、コネクティッド・カー、EV・HEV技術、軽量化といった、自動車業界注目のトピックを扱う専門技術セミナーが全100講演開催される。

招待券請求はこちらから »
【オートモーティブワールド2017】自動運転、モラルがどこまで介在するかバックキャスティング 画像
自動車 ビジネス

【オートモーティブワールド2017】自動運転、モラルがどこまで介在するかバックキャスティング

知能化技術を研究・開発する新拠点「HondaイノベーションラボTokyo」を東京・赤坂に開設するホンダ。その本田技術研究所の脇谷勉上席研究員が、V2Xから自動運転、その先のリスクやモラルについて、「オートモーティブワールド2017」特別講演の中で語った。

【オートモーティブワールド2017】大阪のゴム加工会社、ミニチュア“トゥクトゥク”で技術力をアピール 画像
自動車 ビジネス

【オートモーティブワールド2017】大阪のゴム加工会社、ミニチュア“トゥクトゥク”で技術力をアピール

大阪市のゴム加工会社、モリテックは「オートモーティブワールド2017」にゴムでつくったさまざまな製品を展示した。その中で来場者が注目したのが、全部ゴムでつくった3輪車トゥクトゥクのミニチュアと兜だ。

【オートモーティブワールド2017】クアルコム、ワイヤレス充電の安全性と効率をアピール 画像
自動車 ビジネス

【オートモーティブワールド2017】クアルコム、ワイヤレス充電の安全性と効率をアピール

クアルコムは「オートモーティブワールド2017」内の「国際カーエレクトロニクス技術展」に出展。フォーミュラEでセーフティカーとして活躍するBMW『i8』とともに、EVやPHEVに向けたワイヤレス充電技術の安全性を紹介した。

【オートモーティブワールド2017】“諏訪姫”フィギュアの次は“痛シャベル”!? 金型業者、カー用品に意欲 画像
自動車 ビジネス

【オートモーティブワールド2017】“諏訪姫”フィギュアの次は“痛シャベル”!? 金型業者、カー用品に意欲

長野県諏訪市に本社を構えるピーエム オフィス エーは、車のトランクに入れておくと便利なアイテムを紹介した。それは「S’zシャベルズ」と名付けられた分解できるシャベルで、専用ケースにコンパクトに収納できるというもの。品揃えのなかには“痛シャベル”も。

【オートモーティブワールド2017】水と空気で汚れを落とす「バブ・リモ」…日東精工 画像
自動車 ビジネス

【オートモーティブワールド2017】水と空気で汚れを落とす「バブ・リモ」…日東精工

今や製造現場での環境対応は当たり前のこと。とはいえ、部品や加工工程でのワークの洗浄は、怠ると品質や精度に影響が出るため手の抜けないポイントである。

【オートモーティブワールド2017】火力発電所や蓄電池にも不可欠、「臭素」の重要性 画像
自動車 ビジネス

【オートモーティブワールド2017】火力発電所や蓄電池にも不可欠、「臭素」の重要性

最近では臭素系以外の難燃剤も登場しているものの、BSEFジャパン(旧臭素科学・環境フォーラム)のブースでは、臭素の紹介やその重要性についての紹介が行われた。

【オートモーティブワールド2017】スポーツカーの将来は乗馬にヒント、モータースポーツが五輪種目に!? 画像
自動車 ビジネス

【オートモーティブワールド2017】スポーツカーの将来は乗馬にヒント、モータースポーツが五輪種目に!?

自動運転の実現へ向けて世界中が取り組む時代、スポーツカーはどこへ行くか---。トヨタのスポーツ車両統括部ZRチーフエンジニアの多田哲哉部長は、バイワイヤ化や五輪競技種目などを例に出し、スポーツカーやモータースポーツの近未来について特別講演の中で語った。

【オートモーティブワールド2017】NECエンジニアリングの電子ビーム溶接は何が違うのか 画像
自動車 ビジネス

【オートモーティブワールド2017】NECエンジニアリングの電子ビーム溶接は何が違うのか

NECエンジニアリングは、電子ビーム溶接を通して現代の高い要求水準の幅広いニーズにこたえようと、様々な事例の紹介を「オートモーティブワールド2017」の会場で行った。

【オートモーティブワールド2017】電動スクーターの普及なるか、ボッシュ「eScooter」を出展 画像
自動車 ビジネス

【オートモーティブワールド2017】電動スクーターの普及なるか、ボッシュ「eScooter」を出展

ボッシュは、「オートモーティブワールド2017」の自社ブース内において、『eScooter』向け最新パーツを公開した。リチウムイオン電池やシステム統合コントローラーは今夏にも出荷する予定で、原付バイク的な使い方を想定した新たな市場の広がりに期待を寄せる。

【オートモーティブワールド2017】フォークリフトの稼働を一元管理、三井物産エレクトロの「FORKERS」 画像
自動車 ビジネス

【オートモーティブワールド2017】フォークリフトの稼働を一元管理、三井物産エレクトロの「FORKERS」

三井物産エレクトロニクスは、「オートモーティブワールド2017」で、IoT技術を活用し、フォークリフトの安全管理を効率的に自動監視・管理するサービスフォークリフト監視サービス「FORKERS」を提案する。

【オートモーティブワールド2017】86 の造り方、売り方、伝え方…発想のヒントはiPhone 画像
自動車 ビジネス

【オートモーティブワールド2017】86 の造り方、売り方、伝え方…発想のヒントはiPhone

「景気や会社の都合でスポーツカーづくりをやめるのはよくない」---トヨタのスポーツ車両統括部ZRチーフエンジニアの多田哲哉部長は、『86』というクルマのつくり方、売り方、伝え方、共生の道などについて「オートモーティブワールド2017」特別講演の中で語った。

【オートモーティブワールド2017】評価基準は「ドライバーの笑顔」…トヨタ 86 開発の七転八倒 画像
自動車 ビジネス

【オートモーティブワールド2017】評価基準は「ドライバーの笑顔」…トヨタ 86 開発の七転八倒

「余計なモノ・コトを全部捨てて、FRレイアウト、NAエンジンにこだわった」---トヨタのスポーツ車両統括部ZRチーフエンジニアの多田哲哉部長は、『86』開発中の役員審査や、珍妙な評価基準などについて、「オートモーティブワールド2017」特別講演の中で語った。

【オートモーティブワールド2017】トヨタが作るなら“役に立たないクルマ”を…今だから話せる 86 開発現場の思い 画像
自動車 ビジネス

【オートモーティブワールド2017】トヨタが作るなら“役に立たないクルマ”を…今だから話せる 86 開発現場の思い

「トヨタがスポーツカーをつくるならば、“役に立たないクルマ”をつくろうと。そのクルマが世の中からなくなったって、なんの不便もデメリットもない。そんなスポーツカーをつくろうと」

【オートモーティブワールド2017】モバイルアイの半額程度、後付け衝突警報装置に新モデル…標識認識も可能に 画像
自動車 ビジネス

【オートモーティブワールド2017】モバイルアイの半額程度、後付け衝突警報装置に新モデル…標識認識も可能に

ドライブレコーダー、バックカメラ、アイドリングストップエアコンなどを取り扱うワーテックスは、13日より開幕した「オートモーティブワールド2017」で、後付け装着が可能な衝突警報装置の新製品を展示した。

【オートモーティブワールド2017】車内のCO2検知にバイタルセンシング、旭化成が提案する「安全と快適」 画像
自動車 ビジネス

【オートモーティブワールド2017】車内のCO2検知にバイタルセンシング、旭化成が提案する「安全と快適」

今回で9回目を迎える「オートモーティブワールド」。E35-4では旭化成/旭化成エレクトロニクスがブースを構える。いくつもの提案の中で、赤外線センサに関する提案が多くの来場者の足を止めていた。

【オートモーティブワールド2017】なぜハンガリーが出展!? 原文ママの文字とフロア担当者の声 画像
自動車 ビジネス

【オートモーティブワールド2017】なぜハンガリーが出展!? 原文ママの文字とフロア担当者の声

中央ヨーロッパ、オーストリア、ルーマニア、セルビアなどに囲まれた国、ハンガリー。この国の企業が連合してオートモーティブワールドでブースを構える理由は何か。ブースには「525 206代の乗用車が2015年にハンガリーで生産されました。」(原文ママ)と掲げられている。

【オートモーティブワールド2017】知られざる新型「インプレッサ」開発ストーリー…開発責任者インタビュー 画像
自動車 ニューモデル

【オートモーティブワールド2017】知られざる新型「インプレッサ」開発ストーリー…開発責任者インタビュー

富士重工業の阿部一博プロジェクトゼネラルマネージャー(PGM)は1月18日に開幕した「オートモーティブワールド2017」の自動車部品&加工フォーラムに登壇、自らが開発責任者を務めた新型『インプレッサ』の開発ストーリーを披露した。

【オートモーティブワールド2017】フォーミュラEの心臓部に搭載のパワー半導体…ローム 画像
自動車 ビジネス

【オートモーティブワールド2017】フォーミュラEの心臓部に搭載のパワー半導体…ローム

ロームは1月18日、東京ビッグサイトで開幕した「第9回オートモーティブワールド/第9回国際カーエレクトロニクス技術展」に出展した。

【オートモーティブワールド2017】シルバコ、先進運転支援システム向け半導体IPを提案 画像
自動車 ビジネス

【オートモーティブワールド2017】シルバコ、先進運転支援システム向け半導体IPを提案

シルバコ・ジャパンは1月18日、東京ビッグサイトで開幕した「第9回オートモーティブワールド/第9回国際カーエレクトロニクス技術展」に出展した。

【オートモーティブワールド2017】電源とスペースが要、出張タイヤ作業を変えるハイエース 画像
自動車 ビジネス

【オートモーティブワールド2017】電源とスペースが要、出張タイヤ作業を変えるハイエース

「御社業務を店舗から解放、『待ち』から攻めの商売へ」。そんなキャッチとともに配置されたハイエースは、“電源まわり重装備モデル”。その名も『チャービー』。給電車や非常用電源車などの企画・開発・販売を行うモビリティプラス(京都市)のブースだ。

【オートモーティブワールド2017】複数の車載カメラでセンシング…コネクティッドカー開発の“ヒント”提案、DPT 画像
自動車 ビジネス

【オートモーティブワールド2017】複数の車載カメラでセンシング…コネクティッドカー開発の“ヒント”提案、DPT

DPTは、愛知県名古屋市に本社を置くエンジニアリング企業。自動車関連では、駆動系ECUやボディ系ECUなど、エレクトロニクスの回路開発・設計・評価はじめ、情報システムでは車載機器の制御・組込系システムの開発を手がけている。

【オートモーティブワールド2017】ベリサーブ、車載ソフトの不具合検証を自動化 画像
自動車 ビジネス

【オートモーティブワールド2017】ベリサーブ、車載ソフトの不具合検証を自動化

ベリサーブは1月18日、東京ビッグサイトで開幕した「第9回オートモーティブワールド/第9回国際カーエレクトロニクス技術展」に出展した。

【オートモーティブワールド2017】車載カメラ映像をディープラーニングで復元、菱電商事 画像
自動車 ビジネス

【オートモーティブワールド2017】車載カメラ映像をディープラーニングで復元、菱電商事

菱電商事は1月18日、東京ビッグサイトで開幕した「第9回オートモーティブワールド/第9回国際カーエレクトロニクス技術展」に出展した。

【オートモーティブワールド2017】ULジャパン、愛知みよしに試験所…EMC、電波法対応など 画像
自動車 ビジネス

【オートモーティブワールド2017】ULジャパン、愛知みよしに試験所…EMC、電波法対応など

ULジャパンは1月18日、東京ビッグサイトで開幕した「第9回オートモーティブワールド/第5回コネクティッド・カーEXPO」に出展した。

【オートモーティブワールド2017】日本製FFインホイールモーター超小型EV、タイで売る理由…FOMM 画像
自動車 ビジネス

【オートモーティブワールド2017】日本製FFインホイールモーター超小型EV、タイで売る理由…FOMM

FFインホイールモーター採用、ハンドルのレバーで前後進する小型電気自動車「FOMM Concept One Phase 3」。開発・製造するFOMM(神奈川県川崎市)は、このミニEVについて「10月に量産試作車を出し、2018年4月からタイで販売を開始する」という。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 12