乗用車燃費ベスト10、トップは登録車 プリウス、軽自動車は アルト

エコカー 燃費

低燃費トップのトヨタプリウスとスズキアルト
  • 低燃費トップのトヨタプリウスとスズキアルト
  • トヨタ プリウス
  • スズキ アルト
国土交通省は3月30日、2015年末時点で販売されている乗用車の燃費ベスト10を発表。普通・小型自動車ではトヨタ『プリウス』、軽自動車ではスズキ『アルト』がそれぞれ低燃費トップとなった。

国交省では、自動車ユーザーの省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進するため、毎年、燃費の良い乗用車のベスト10とともに、自動車の燃費性能を評価した「自動車燃費一覧」を公表している。

2015年末時点で販売されている自動車のうち、最も燃費(JC08モード燃費値)の良い乗用車は、普通・小型自動車では40.8km/リットルのプリウス、軽自動車では37.0km/リットルのアルト(OEMのマツダ キャロル)だった。

また、車両重量に応じて設定される2015年度燃費基準の達成レベルが最も高い乗用車は、普通・小型自動車では達成率246%のプリウス、軽自動車では達成率169%のアルト(キャロル)だった。

なお、2014年度に販売された乗用車の平均燃費は21.8km/リットルで、前年度から約4%向上している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 三菱自、南オーストラリアのEV普及に協力

    三菱自、南オーストラリアのEV普及に協力

  2. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

    【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  3. ガソリンエンジンの自己着火、課題と実現への目算…次世代SKYACTIV開発者に聞く

    ガソリンエンジンの自己着火、課題と実現への目算…次世代SKYACTIV開発者に聞く

  4. テスラの新型EV、モデル3 …設計が完了

  5. ガソリンキャップレスに動くフォード

  6. 10年後には渋滞解消---首都高渋滞対策アクションプログラム

  7. ニッサン・グリーンプログラム…「成功しないものもある」とゴーン社長

  8. 日産 新型セレナ搭載の「マイクロハイブリッド」とは?

  9. 米EVのテスラ、急速充電の「スーパーチャージャー」…欧州50拠点目を開設

  10. テスラの新型コンパクトSUV、車名は「モデルY」に

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら