エコカー

EV/PHV

HOT TOPICS

ハイブリッドカー HV

トピックボード
NYショーで初公開【マツダ ロードスター RF】特設サイト
【編集部おすすめ】 緑・赤・白のエンジンオイルブランドと言えば?
《セミナー》 人工知能の研究開発動向とビジネス戦略 [04/21]
【急募】レスポンス&e燃費 契約社員/アルバイトスタッフ

エコカー最新ニュース

トヨタ TRD プリウス、エコだけじゃないその走り[写真蔵] 画像
自動車 ニューモデル

トヨタ TRD プリウス、エコだけじゃないその走り[写真蔵]

エコだけでなく走りにも応えるトヨタ『プリウス』が、トヨタテクノクラフトから登場した。空力を徹底解析したエアロパーツと、新開発のモーションコントロールビームを装着し、操縦安定性と乗り心地が向上している。

【人とくるまのテクノロジー16】走行距離延長・省電力に貢献、EVの熱循環をマネジメント…ボッシュ 画像
エコカー

【人とくるまのテクノロジー16】走行距離延長・省電力に貢献、EVの熱循環をマネジメント…ボッシュ

ボッシュは、クルマ側の運転支援システムやインフラ側のステーションなど、ネット化・自動化・電動化に向けた商品群を多数展示。なかでも効率的な熱循環を視覚的に伝える「電気自動車向けインテリジェント・サーマルマネジメント」のモデル展示には注目が集まった。

【ホンダ アコード ハイブリッド】シフトがノブからボタン操作に変わった理由とは 画像
自動車 ニューモデル

【ホンダ アコード ハイブリッド】シフトがノブからボタン操作に変わった理由とは

ホンダの9代目となる『アコード』は一部改良を機に、シフト操作がノブからボタンタイプに切り替えられた。

【人とくるまのテクノロジー16】スバル、スズキ、いすゞ、日野…自動車メーカーのココ見て![フォトレポート] 画像
自動車 ビジネス

【人とくるまのテクノロジー16】スバル、スズキ、いすゞ、日野…自動車メーカーのココ見て![フォトレポート]

人とくるまのテクノロジー展2016横浜では、国内自動車メーカーの出展ブースが一日じゅう混雑。スバルやスズキ、いすゞ、日野などのフロアにも「ウチのココ見て!」というアイデア展示があった。30枚の写真とともに見ていこう。

【人とくるまのテクノロジー16】日本特殊陶業、今秋発売のコンパクトマルチガス計測器を先行展示 画像
自動車 ビジネス

【人とくるまのテクノロジー16】日本特殊陶業、今秋発売のコンパクトマルチガス計測器を先行展示

日本特殊陶業(NGK・NTK、名古屋市)は、走行中の排気ガス中の有毒物質濃度をリアルタイムに計測できる「コンパクトマルチガス計測器」を先行公開。エンジン開発などに用いられるこの“マストアイテム”は、この秋に発売が予定されている。

トヨタ、ハイブリッド車の世界累計販売台数が900万台突破…800万台到達から9か月 画像
エコカー

トヨタ、ハイブリッド車の世界累計販売台数が900万台突破…800万台到達から9か月

トヨタ自動車は、ハイブリッド車のグローバル累計販売台数が2016年4月末までに901万4000台となり、900万台を突破したと発表した。

【ホンダ アコード ハイブリッド】排熱回収ヒーティングシステム初採用「実用燃費を改善」 画像
自動車 ニューモデル

【ホンダ アコード ハイブリッド】排熱回収ヒーティングシステム初採用「実用燃費を改善」

ホンダが5月26日に一部改良して発売した『アコード』には、ホンダ初となる排熱回収ヒーティングシステムが採用されている。開発責任者を務める本田技術研究所四輪R&Dセンターの二宮亘治氏は「実用燃費を改善する取り組みとして開発した」と語る。

【人とくるまのテクノロジー16】 クラリティ の大小水素タンク2本が丸見え、 MIRAI との違い…ホンダ 画像
自動車 ビジネス

【人とくるまのテクノロジー16】 クラリティ の大小水素タンク2本が丸見え、 MIRAI との違い…ホンダ

ホンダは水素で走る燃料電池自動車『クラリティ フューエル セル』のカットモデルを展示。解説担当は、水素タンクを大小2本の設定にした経緯について「現在のパッケージング技術や、安全面、コスト面などで、2本組みとせざるをえなかった」などと来場者に伝えていた。

【ホンダ アコードハイブリッド】開発責任者「大幅に静粛性を向上」 画像
自動車 ニューモデル

【ホンダ アコードハイブリッド】開発責任者「大幅に静粛性を向上」

ホンダは5月26日、一部改良した『アコード』を発売した。今回の改良ではユーザーから不満の声が上がった静粛性と荷室の使い勝手を大きく改善したという。価格は385万~410万円。

【人とくるまのテクノロジー16】現行 リーフ の倍、60kWhバッテリーを参考出品…日産 画像
自動車 ビジネス

【人とくるまのテクノロジー16】現行 リーフ の倍、60kWhバッテリーを参考出品…日産

電動化・知能化がテーマの日産は、24kWhから30kWhに容量アップしたリチウムイオンバッテリーや、それを組み込む『リーフ』などを紹介。参考出品された高エネルギー密度60kWhバッテリーは、「リーフに搭載されるバッテリー受箱に収まる」という。

【ホンダ アコードハイブリッド】世界初、信号情報活用運転支援システムを標準搭載 画像
自動車 ニューモデル

【ホンダ アコードハイブリッド】世界初、信号情報活用運転支援システムを標準搭載

ホンダは5月26日、上級セダンの『アコードハイブリッド』を一部改良して同日に発売すると発表した。注目の新機能として、世界初となる「信号情報活用運転支援システム」が全グレードに標準搭載された。

【人とくるまのテクノロジー16】現行 プリウス の“断面”を真横から見る 画像
自動車 ビジネス

【人とくるまのテクノロジー16】現行 プリウス の“断面”を真横から見る

「もっといいクルマづくり」や、将来に向けた取り組みを紹介するというトヨタのブースは、4代目『プリウス』のカットモデルに注目が集まった。「ハイブリッドシステムのパッケージングをはじめ、ボディの骨格構造もわかるようになっている」とスタッフはいう。

ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台 画像
自動車 ビジネス

ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

ホンダは、同社で唯一のプラグインハイブリッド車(PHV)である『アコード プラグインハイブリッド』の生産を3月に終了したと明らかにした。2013年6月に日本を中心にリース販売を開始していたが、数量が伸び悩んだことなどから終了した。

BMWグループの電動車両販売、i3 は5割増…4月 画像
エコカー

BMWグループの電動車両販売、i3 は5割増…4月

ドイツの高級車メーカー、BMWグループは5月13日、4月の電動車両(EVおよびプラグインハイブリッド車)の世界新車販売の結果を公表した。4月は全世界で、4504台を販売している。

産総研など、リチウムイオン電池内部の反応不均一性の可視化に成功…EV用電池の設計に適用 画像
エコカー

産総研など、リチウムイオン電池内部の反応不均一性の可視化に成功…EV用電池の設計に適用

京都大学の内本喜晴大学院人間・環境学研究科教授、折笠有基同助教(現・立命館大学准教授)らの研究グループは、立命館大学、産業技術総合研究所、KRIと共同で、リチウムイオン電池内部の反応不均一現象を可視化し、その発生要因を解明した。

ガソリン11週連続値上がり、レギュラー前週比0.4円高の119.2円 画像
自動車 ビジネス

ガソリン11週連続値上がり、レギュラー前週比0.4円高の119.2円

資源エネルギー庁が5月25日に発表した石油製品の店頭小売価格週次調査によると、5月23日時点でのレギュラーガソリンの全国平均価格は前週の調査から0.4円値上がりし、1リットル当たり119.2円となった。レギュラーガソリンの値上がりは11週連続。

ジャパンEVラリー、7月16日~18日に開催…乗鞍スカイラインで雲上のEVドライブ 画像
エコカー

ジャパンEVラリー、7月16日~18日に開催…乗鞍スカイラインで雲上のEVドライブ

日本EVクラブは、第3回となる電気自動車の夏祭り「ジャパンEVラリー2016」を、7月16日から18日の3日間、白馬~乗鞍~高山で開催する。

ホンダ NSX 新型、米工場で量産開始…第一号車を引き渡し 画像
自動車 ニューモデル

ホンダ NSX 新型、米工場で量産開始…第一号車を引き渡し

ホンダの海外向け高級車ブランド、アキュラは5月24日、ホンダの米国オハイオ州の専用工場において、新型『NSX』の量産を開始した、と発表した。

米EVテスラ、増産計画を2年前倒し…2018年末までに50万台へ 画像
エコカー

米EVテスラ、増産計画を2年前倒し…2018年末までに50万台へ

米国のEVベンチャー企業、テスラモーターズ。同社が増産計画を、前倒しで実施する意向であることが分かった。

【パイクスピーク16】テスラ モデルS、高性能版が参戦へ…ツインモーターは532馬力 画像
エコカー

【パイクスピーク16】テスラ モデルS、高性能版が参戦へ…ツインモーターは532馬力

米国のEVベンチャー企業、テスラモーターズの主力EV、『モデルS』。同車が世界一過酷なヒルクライムレース、パイクスピーク国際ヒルクライムに参戦する。

米EVテスラ、過去最大規模の公募増資…モデル3 の生産準備 画像
エコカー

米EVテスラ、過去最大規模の公募増資…モデル3 の生産準備

米国のEVベンチャー企業、テスラモーターズ。同社が、過去最大規模の公募増資を計画していることが判明した。

三井化学星野常務、リモノの超小型EV「話が来てすぐに参画を決断」 画像
自動車 ニューモデル

三井化学星野常務、リモノの超小型EV「話が来てすぐに参画を決断」

5月20日にrimOnO(リモノ、本社・東京都中央区)は超小型電気自動車(EV)を披露したが、その開発には4社が全面協力している。そのうちの1社である三井化学の星野太常務執行役員は「話が来て、私の決済ですぐに参画を決断した」と話す。

超小型EVのリモノ伊藤社長「日本全国を走れるような制度を提言していく」 画像
自動車 ニューモデル

超小型EVのリモノ伊藤社長「日本全国を走れるような制度を提言していく」

超小型電気自動車(EV)の開発ベンチャー、rimOnO(リモノ)の伊藤慎介社長は5月20日、試作車の発表会で「こういうクルマが日本全国を走れるようにしたい」と話し、国土交通省や国などに制度を提言していくことを明らかにした。

経産省出身のリモノ社長が超小型EVを試作、布製ボディで着せ替えが可能 画像
自動車 ニューモデル

経産省出身のリモノ社長が超小型EVを試作、布製ボディで着せ替えが可能

経済産業省出身の伊藤慎介社長が2年前に設立した電気自動車の開発ベンチャー、rimOnO(リモノ、本社・東京都中央区)は5月20日、表参道のインテリアショップで超小型電気自動車(EV)の試作車を報道陣に公開した。

普及を期待し魅力を伝えて走った12台…EV・PHV 東京-伊勢志摩キャラバン 画像
エコカー

普及を期待し魅力を伝えて走った12台…EV・PHV 東京-伊勢志摩キャラバン

国内外のメーカ8社・12車種のEV・PHVが、クリーンエネルギー自動車(CEV)の普及をめざし、東京から伊勢志摩へ、400kmの旅に出た。ドライバーを努めた著名なモータージャーナリストたちは、道中からCEVのさまざまな“気づき”などを報告した。

ニュースをもっと見る

燃料電池 FC

燃料電池 FC特集をもっと見る

モーターショー

モーターショーをもっと見る

新型車

新型車をもっと見る