三菱の米国販売、3.5%減…23か月ぶりに減少 1月

自動車 ビジネス 海外マーケット

三菱 アウトランダー の2016年モデル
  • 三菱 アウトランダー の2016年モデル
  • 三菱アウトランダースポーツ(RVR)の2015年型
  • 三菱 ミラージュ 米国仕様
三菱自動車の米国法人、三菱モータースノースアメリカは1月上旬、1月の米国新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は、6264台。前年同月比は3.5%減と、23か月ぶりに前年実績を下回った。

6264台の内訳は、乗用車が前年同月比22.8%減の2488台と、4か月連続で減少。SUVなどのライトトラック系は、前年同月比15.5%増の3776台と、19か月連続の前年実績超え。

SUVでは、2010年10月に米国市場で発売した『アウトランダースポーツ』(日本名:『RVR』)が後退。1月は、2233台を売り上げた。前年同月比は1.5%減と、10か月ぶりに前年実績を割り込む。アウトランダースポーツは2012年7月から、米国イリノイ工場での現地生産に切り替え、需要増に対応してきたが、三菱は米国生産からの撤退を決めている。

また、『アウトランダー』は1月、改良新型モデルが1543台を販売し、1月の新記録。前年同月比は53.8%増と、11か月連続の前年超え。2013年9月に米国市場に投入した『ミラージュ』は、前年同月比43.5 %減の963 台と、2か月ぶりに減少した。

2015年の三菱自動車の米国新車販売台数は、前年比22.8%増の9万5342台と、2008年以降では過去最高を記録している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 4トン6輪車が浮いた! カーシェアのエニカが G63 AMG 6×6 の試乗会を開催

    4トン6輪車が浮いた! カーシェアのエニカが G63 AMG 6×6 の試乗会を開催

  2. スズキ、登録車好調も軽自動車販売は19か月連続のマイナス 7月実績

    スズキ、登録車好調も軽自動車販売は19か月連続のマイナス 7月実績

  3. ジープ ラングラー 次期型、ボディパネルは自社製に…新工場で生産

    ジープ ラングラー 次期型、ボディパネルは自社製に…新工場で生産

  4. 国産名車コレクション スペシャルスケール1/24、先行予約開始…創刊号はトヨタ2000GT

  5. クサくないタクシー「ファブタク」発進!…日本交通とファブリーズがコラボ

  6. ホンダの総生産台数、14か月ぶりのマイナス…4.3%減の37万2472台 7月実績

  7. マツダ ロードスター RF、発売記念車は得意客に優先販売…米国

  8. ダイハツ、国内販売10.7%増の4万7897台 7月実績

  9. マツダ、世界生産台数が3か月連続マイナス 7月実績

  10. スバル富士重、世界生産台数が9か月ぶりのマイナス…国内稼働日数減少 7月実績

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら