サイオン版 オーリス、「iM」…ブランド廃止で カローラ に編入

自動車 ニューモデル 新型車

サイオン iM
  • サイオン iM
  • サイオン iM
  • サイオン iM
  • サイオン iM
  • サイオン iM
  • サイオン iM
  • サイオン iM
トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は3月17日、米国で3月23日に開幕するニューヨークモーターショー16において、『カローラiM』を初公開すると発表した。

トヨタは2月3日、米国の若者向けブランド、サイオンの廃止を発表。これに伴い、サイオン『iM』(日本名:トヨタ『オーリス』)が、2017年モデルからトヨタブランドに移行することになった。ニューヨークモーターショー16では、サイオンiMがトヨタの『カローラ』ファミリーに編入され、カローラiMとして初公開される。

サイオンiMは1年前のニューヨークモーターショー15で市販モデルがデビュー。2014年3月、ジュネーブモーターショー15で発表された改良新型オーリスをベースとした。

エンジンは、バルブマチック仕様の1.8リットル直列4気筒ガソリン。最大出力137hpを発生する。トランスミッションは6速MTが標準。オプションで「CVTi-S」が選択できる。

サイオンブランドとしてのiMは、わずか1年で終了。今後はトヨタのカローラファミリーの一員として、米国トヨタのコンパクトカーのラインナップ強化に貢献していくことになる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ホンダ アコード ハイブリッド】シフトがノブからボタン操作に変わった理由とは

    【ホンダ アコード ハイブリッド】シフトがノブからボタン操作に変わった理由とは

  2. スバル レヴォーグ、最上級グレード STIスポーツ の先行予約を開始

    スバル レヴォーグ、最上級グレード STIスポーツ の先行予約を開始

  3. スバル BRZ、初の大幅改良…米国で先行公開

    スバル BRZ、初の大幅改良…米国で先行公開

  4. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター 新型にスピードスターコンセプト、欧州初公開へ

  5. 【ホンダ アコードハイブリッド】世界初、信号情報活用運転支援システムを標準搭載

  6. ホンダ S660 無限 RA…カスタマイズベースとして楽しめるコンプリートカー[写真蔵]

  7. BMW 5シリーズ 次世代型、新LEDエンジェルアイ光った!

  8. 【ワークスチューニング】トヨタ TRD ヴェルファイア…小さいパーツの大きな効果[写真蔵]

  9. ホンダ NSX 新型、米工場で量産開始…第一号車を引き渡し

  10. BMW 7シリーズに創立100周年記念モデル…最上級の室内空間 1880万円

アクセスランキングをもっと見る