サイオンの デミオ セダン、「iA 」… ブランド廃止で ヴィッツ の一員に

自動車 ニューモデル モーターショー

サイオン iA
  • サイオン iA
  • サイオン iA
  • サイオン iA
  • サイオン iA
  • サイオン iA
  • サイオン iA
  • サイオン iA
トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は3月23日、米国で開幕したニューヨークモーターショー16において、『ヤリス iA』を初公開した。

トヨタは2月3日、米国の若者向けブランド、サイオンの廃止を発表。これに伴い、サイオン『iA』(マツダ『デミオ セダン』のOEM)が、2017年モデルからトヨタブランドに移行する。ニューヨークモーターショー16では、サイオンiAがトヨタの『ヤリス』(日本名:『ヴィッツ』)ファミリーの一員となり、ヤリスiAとして初公開された。

サイオンiAは1年前のニューヨークモーターショー15で初公開。iAは、サイオンブランドにとって、初のセダン。サイオンはこれまで、小型ハッチバックや2ドアクーペが主体のラインナップを展開してきた。4ドアセダンの投入で、新たな顧客層の獲得を狙う。サイオンによると、iAは機能性を重視しつつ、スタイリングや運転する楽しさも求める若い顧客に向けたセダンになるという。

iAは、マツダが主に東南アジア市場に投入している新型『デミオ セダン』がベース。グリルやバンパー、ヘッドライトなどを専用デザインにすることで、サイオンらしさを表現した。この背景には、トヨタとマツダが2012年11月、「トヨタとマツダ、メキシコでの生産について合意」との発表がある。2014年2月末に稼動したマツダのメキシコ新工場で2015年夏頃から、新型『マツダ2』(日本名:『デミオ』)をベースにしたトヨタ向け小型車を年間5万台程度生産し、トヨタが北米で販売することが決定していた。

サイオンiAのエンジンは、マツダ製の1.5リットル直列4気筒ガソリン。最大出力106hpを発生する。トランスミッションは、6速MTと6速ATが用意されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【パリモーターショー16】三菱、グランドツアラー コンセプト 初公開へ

    【パリモーターショー16】三菱、グランドツアラー コンセプト 初公開へ

  2. アウディ最小SUVにも“S”…300馬力の「SQ2」を見た

    アウディ最小SUVにも“S”…300馬力の「SQ2」を見た

  3. ポルシェ パナメーラ 次期型、画像リーク…4.0ターボ搭載か 6月29日正式発表

    ポルシェ パナメーラ 次期型、画像リーク…4.0ターボ搭載か 6月29日正式発表

  4. トヨタ、C-HR 欧州仕様車のインテリアデザインを公開

  5. BMW X3/X4、ドライバー支援システムやレザーシートなどを標準装備化

  6. 生産終了のホンダ CR-Z、2リットルターボ搭載で復活か!?

  7. シトロエン C3 新型、コンピュータ設計画面が見えた…6月29日発表直前

  8. トヨタ パッソ どれほどカイテキ? 便利機能と安全装備[動画]

  9. BMW X3、ブラック一色で統一した特別限定モデルを発売

  10. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター 新型に「アイコン」…赤いアクセント

アクセスランキングをもっと見る