サイオンの デミオ セダン、「iA 」… ブランド廃止で ヴィッツ の一員に

自動車 ニューモデル モーターショー

サイオン iA
  • サイオン iA
  • サイオン iA
  • サイオン iA
  • サイオン iA
  • サイオン iA
  • サイオン iA
  • サイオン iA
トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は3月23日、米国で開幕したニューヨークモーターショー16において、『ヤリス iA』を初公開した。

トヨタは2月3日、米国の若者向けブランド、サイオンの廃止を発表。これに伴い、サイオン『iA』(マツダ『デミオ セダン』のOEM)が、2017年モデルからトヨタブランドに移行する。ニューヨークモーターショー16では、サイオンiAがトヨタの『ヤリス』(日本名:『ヴィッツ』)ファミリーの一員となり、ヤリスiAとして初公開された。

サイオンiAは1年前のニューヨークモーターショー15で初公開。iAは、サイオンブランドにとって、初のセダン。サイオンはこれまで、小型ハッチバックや2ドアクーペが主体のラインナップを展開してきた。4ドアセダンの投入で、新たな顧客層の獲得を狙う。サイオンによると、iAは機能性を重視しつつ、スタイリングや運転する楽しさも求める若い顧客に向けたセダンになるという。

iAは、マツダが主に東南アジア市場に投入している新型『デミオ セダン』がベース。グリルやバンパー、ヘッドライトなどを専用デザインにすることで、サイオンらしさを表現した。この背景には、トヨタとマツダが2012年11月、「トヨタとマツダ、メキシコでの生産について合意」との発表がある。2014年2月末に稼動したマツダのメキシコ新工場で2015年夏頃から、新型『マツダ2』(日本名:『デミオ』)をベースにしたトヨタ向け小型車を年間5万台程度生産し、トヨタが北米で販売することが決定していた。

サイオンiAのエンジンは、マツダ製の1.5リットル直列4気筒ガソリン。最大出力106hpを発生する。トランスミッションは、6速MTと6速ATが用意されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

    【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

  2. 出た!スズキ スイフト 次期型、衝撃のフロントマスク[写真12枚]

    出た!スズキ スイフト 次期型、衝撃のフロントマスク[写真12枚]

  3. スバル XVハイブリッド、STIコンプリートモデルの先行予約を開始

    スバル XVハイブリッド、STIコンプリートモデルの先行予約を開始

  4. 【日産 セレナ 新型】星野専務「予約好調、ロケットスタート切る」 8月24日発売

  5. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】自動運転技術充実「さらに進歩させた」

  6. ポルシェ パナメーラ 新型に「エクスクルーシブ」…特別仕立て

  7. アストンマーティン DB9、生産終了…13年の歴史に幕

  8. 日産 GT-R 2017年モデル、ダンロップの高性能ランフラットタイヤを新車装着

  9. 【メルセデス Eクラス 新型】ドライブパイロット初搭載、高速渋滞時の自動運転を実現

  10. 【スバル インプレッサ 新型】専用サイトで国内仕様を公開…歩行者保護エアバッグを初装備

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら