サイオンの デミオ セダン、「iA 」… ブランド廃止で ヴィッツ の一員に

自動車 ニューモデル モーターショー

サイオン iA
  • サイオン iA
  • サイオン iA
  • サイオン iA
  • サイオン iA
  • サイオン iA
  • サイオン iA
  • サイオン iA
トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は3月23日、米国で開幕したニューヨークモーターショー16において、『ヤリス iA』を初公開した。

トヨタは2月3日、米国の若者向けブランド、サイオンの廃止を発表。これに伴い、サイオン『iA』(マツダ『デミオ セダン』のOEM)が、2017年モデルからトヨタブランドに移行する。ニューヨークモーターショー16では、サイオンiAがトヨタの『ヤリス』(日本名:『ヴィッツ』)ファミリーの一員となり、ヤリスiAとして初公開された。

サイオンiAは1年前のニューヨークモーターショー15で初公開。iAは、サイオンブランドにとって、初のセダン。サイオンはこれまで、小型ハッチバックや2ドアクーペが主体のラインナップを展開してきた。4ドアセダンの投入で、新たな顧客層の獲得を狙う。サイオンによると、iAは機能性を重視しつつ、スタイリングや運転する楽しさも求める若い顧客に向けたセダンになるという。

iAは、マツダが主に東南アジア市場に投入している新型『デミオ セダン』がベース。グリルやバンパー、ヘッドライトなどを専用デザインにすることで、サイオンらしさを表現した。この背景には、トヨタとマツダが2012年11月、「トヨタとマツダ、メキシコでの生産について合意」との発表がある。2014年2月末に稼動したマツダのメキシコ新工場で2015年夏頃から、新型『マツダ2』(日本名:『デミオ』)をベースにしたトヨタ向け小型車を年間5万台程度生産し、トヨタが北米で販売することが決定していた。

サイオンiAのエンジンは、マツダ製の1.5リットル直列4気筒ガソリン。最大出力106hpを発生する。トランスミッションは、6速MTと6速ATが用意されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 歴代最強のVW ポロ GTI、次世代型の走りを見た[動画]

    歴代最強のVW ポロ GTI、次世代型の走りを見た[動画]

  2. ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

    ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

  3. 【SUPER GT 第6戦】ホンダ NSX に熱い眼差し

    【SUPER GT 第6戦】ホンダ NSX に熱い眼差し

  4. VWの新型SUV、車名は「トラモント」か…中国メディアがスクープ

  5. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  6. 【インタビュー】"効率"はエコだけじゃない!EVパワーモードでコスパを実感してほしい…トヨタ プリウスPHV 豊島チーフエンジニア

  7. 【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

  8. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  9. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  10. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら