【ニューヨークモーターショー16】ブランド廃止のサイオン、過去14年の画期的コンセプト6台を展示

自動車 ニューモデル 新型車

サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
  • サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
  • サイオンiQコンセプト
  • サイオンBBx
トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は3月16日、米国で3月23日(日本時間3月23日夜)に開幕するニューヨークモーターショー16において、サイオンのコンセプトカー6台を展示すると発表した。

トヨタは2月3日、米国の若者向けブランド、サイオンの廃止を発表。サイオンのラインナップのほとんどが、トヨタブランドに移行する。

サイオンの原点となったのが、2002年春のニューヨークモーターショー02で発表されたコンセプトカー、『BBx』。今回のニューヨークモーターショー16では、サイオンが歩んできた14年間に、モーターショーなどで披露された画期的なコンセプトカー6台を展示する。

2002年のBBxの他には、2004年の『FiveAxisスピードスターxA』、2009年の『Kogi BBQ トラック xD』、2009年の『iQコンセプト』、2011年の『FR-Sコンセプト』、2014年の『スレイヤーtC』の合計6台が、サイオンブースを彩る。

サイオンのアンドリュー・ギルランド副社長は、「サイオンがトヨタブランドへ変わることは、ファンには申し訳ない思いだ。しかし、これは正しい選択であり、サイオンのスピリットは生き続けるだろう」と語っている。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品