【ホンダ クラリティ フューエルセル】経産省に1号車納車、八郷社長「FCVの普及を目指す」 | レスポンス(Response.jp)

【ホンダ クラリティ フューエルセル】経産省に1号車納車、八郷社長「FCVの普及を目指す」

自動車 ニューモデル 新型車

経済産業省での納車式
  • 経済産業省での納車式
  • 経済産業省での納車式
  • ホンダ クラリティ フューエルセル
ホンダは3月17日、新型燃料電池自動車(FCV)『クラリティ フューエル セル』の第一号車を経済産業省に納車。同省にて星野剛士経済産業大臣政務官と八郷隆弘社長の出席のもと、納車式を行った。

クラリティ フューエル セルはFCVの本格普及を目指し、一充填の走行距離750kmを達成するなど実用性を大幅に向上。3月10日より自治体や企業向けにリース販売を開始した。

星野政務官は「クラリティ フューエル セルに乗り、改めて水素社会実現に向けたホンダの強い情熱を感じた。水素社会実現の主役であるFCVと水素ステーションの普及に向けて、今後も自動車メーカーや水素ステーション事業者など、関係者と密に連携しながら、官民を挙げて取り組みを進めていく」とコメントしている。

これに対し八郷社長は「今後もさらに技術を磨き、より購入しやすい価格の魅力あふれるFCVを提供していくことで、FCVの普及と水素社会の実現に貢献していく」と語った。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品