トヨタ 86、米国でリコール…キーが抜ける恐れ

自動車 ビジネス 海外マーケット

サイオンFR-S(トヨタ 86)の2016年型
  • サイオンFR-S(トヨタ 86)の2016年型
  • サイオンFR-S(トヨタ 86)の2016年型
  • サイオンFR-S(トヨタ 86)の2016年型
  • サイオンFR-S(トヨタ 86)の2016年型
トヨタ自動車の小型FRスポーツカー、『86』。同車が、米国でリコール(回収・無償修理)を実施する。

これは2月9日、米国トヨタ販売が明らかにしたもの。サイオン『FR-S』(日本名:トヨタ86)のリコールを、米当局に届け出た、と発表している。

今回のリコールは、キーのインターロック機構の不具合が原因。米国トヨタ販売によると、86のAT車の一部が納車前整備の手違いにより、ATセレクターが「P」以外でも、車両のキーが抜ける恐れがあるという。

これは、米国の保安基準に抵触。車両が動き出し、事故を起こすリスクが高まる。

サイオンFR-Sの2013-2016年モデル、およそ2万6000台がリコールの対象。同社は、「顧客に連絡し、コネクターを正しく接続する対応を取る」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ポルシェ パナメーラ 初代、生産終了…7年の歴史に幕

    ポルシェ パナメーラ 初代、生産終了…7年の歴史に幕

  2. 【池原照雄の単眼複眼】2代目はグローバルで100万台目指す…プリウスPHV 開発者の密かな決意

    【池原照雄の単眼複眼】2代目はグローバルで100万台目指す…プリウスPHV 開発者の密かな決意

  3. 茨城日産、ルノーつくばを新規オープン…県内2店舗目 9月3日

    茨城日産、ルノーつくばを新規オープン…県内2店舗目 9月3日

  4. アストンマーティン アジア太平洋地区代表「日本を主要市場と位置付けている」

  5. 大豊工業グループ、エンジンベアリングの生産能力を増強へ

  6. 二次電池世界市場、2020年には25.7%増…8兆1456億円に拡大

  7. カレコカーシェアリング、レクサス 3車種を都内3ステーションに導入

  8. 30年間使用された免震ゴム、性能を維持---ブリヂストンが確認

  9. JXホールディングスと東燃ゼネラルが経営統合へ「JXTGホールディングス」

  10. 国産名車コレクション スペシャルスケール1/24、先行予約開始…創刊号はトヨタ2000GT

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら