トヨタ 86、米国でリコール…キーが抜ける恐れ

自動車 ビジネス 海外マーケット

サイオンFR-S(トヨタ 86)の2016年型
  • サイオンFR-S(トヨタ 86)の2016年型
  • サイオンFR-S(トヨタ 86)の2016年型
  • サイオンFR-S(トヨタ 86)の2016年型
  • サイオンFR-S(トヨタ 86)の2016年型
トヨタ自動車の小型FRスポーツカー、『86』。同車が、米国でリコール(回収・無償修理)を実施する。

これは2月9日、米国トヨタ販売が明らかにしたもの。サイオン『FR-S』(日本名:トヨタ86)のリコールを、米当局に届け出た、と発表している。

今回のリコールは、キーのインターロック機構の不具合が原因。米国トヨタ販売によると、86のAT車の一部が納車前整備の手違いにより、ATセレクターが「P」以外でも、車両のキーが抜ける恐れがあるという。

これは、米国の保安基準に抵触。車両が動き出し、事故を起こすリスクが高まる。

サイオンFR-Sの2013-2016年モデル、およそ2万6000台がリコールの対象。同社は、「顧客に連絡し、コネクターを正しく接続する対応を取る」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

    トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

  2. 【ものづくりワールド16】松浦機械製作所のハイブリッド金属3Dプリンタ…人だかりの理由

    【ものづくりワールド16】松浦機械製作所のハイブリッド金属3Dプリンタ…人だかりの理由

  3. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

    イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  4. ランボルギーニ ガヤルド、生産終了…10年の歴史に幕

  5. ファミリー派も納得、ミニバンの走りに安定感を…HKSのアル/ヴェル用新サスペンション「ハイパーマックス G」

  6. トヨタ、動向注視しながら影響を検証…イギリスEU離脱

  7. 英マクラーレンのスーパーカー、MP4-12C が生産終了へ…3年の歴史に幕

  8. 日産 ムラーノ 新型、ロシアで現地生産を開始

  9. 日産、EU離脱派の英団体を提訴…ロゴマークを無断使用

  10. 三菱自動車、燃費データ不正対象車両検索システムを運用開始…パジェロなど5車種

アクセスランキングをもっと見る