サイオンのスポーティクーペ「tC」、ブランド廃止で生産終了へ

自動車 ビジネス 海外マーケット

サイオン tC の2014年モデル
  • サイオン tC の2014年モデル
  • サイオン tC の2014年モデル
  • サイオン tC の2014年モデル
  • サイオン tC の2014年モデル
  • サイオン tC の2014年モデル
  • サイオン tC の2014年モデル
トヨタ自動車が2月3日に発表した米国の若者向けブランド、「サイオン」の廃止。これに伴い、サイオンの一部車種が生産を終了する。

生産を終了するのは、サイオンの2ドアクーペ、『tC』。tCは、サイオンのFFスポーティクーペ。トヨタ『セリカ』の顧客の受け皿となる北米専用クーペとして、2004年に発売された。エンジンは、2.4リットル直列4気筒ガソリンで、最大出力161ps。

2代目サイオンtCは2010年3月、ニューヨークモーターショー10で発表。初代よりもスポーティなキャラクターを鮮明にした。その代表例が、ヘルメットにヒントを得たキャビン形状。独特のウィンドウグラフィックスが、個性を放っていた。

2013年3月、ニューヨークモーターショー13では、サイオンtCの2014年モデルが登場。現行型のデビューから3年が経過して、初の大幅改良を受けた。2014年モデルのハイライトが、一新されたフロントマスク。グリル、ヘッドライト、ボンネット、バンパーを大胆に変更。トヨタのFRスポーツカー、『86』は、米国ではサイオン『FR-S』として販売中だが、このFR-Sをモチーフにしたフロントマスクを、2014年モデルは採用した。

このサイオンtCが、ブランド廃止に伴い、最後の特別仕様車を発売した後、2016年8月に生産を終了する予定。およそ12年の歴史に幕を下ろすことになる。

トヨタの米国法人、米国トヨタ販売は、「サイオンtCの顧客の平均年齢は29歳。米国自動車業界内で最も若い」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 「自動ブレーキ」名前の認知度97.3%も、半数は機能を誤解…JAF調べ

    「自動ブレーキ」名前の認知度97.3%も、半数は機能を誤解…JAF調べ

  2. ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

    ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

  3. 三菱自、益子会長が社長職を兼任…副社長3名は退任

    三菱自、益子会長が社長職を兼任…副社長3名は退任

  4. 三菱自、企業倫理委員会の終了を決定…リコール隠し事件後の取締役会諮問機関

  5. 米国高級車販売、BMWが首位…メルセデスとレクサスを抑える 4月

  6. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  7. ドイツ高級3ブランドの中国販売、アウディが首位…4月

  8. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  9. ブリヂストン、AI実装の最新鋭タイヤ成型システムを彦根工場に初導入

  10. ITSジャパン、会長に佐々木トヨタ自動車相談役・技監が就任

アクセスランキングをもっと見る