WCOTYファイナリスト10台に CX-3 と ロードスター、プリウス が残る

自動車 ビジネス 海外マーケット

マツダ CX-3
  • マツダ CX-3
  • マツダ ロードスター 海外仕様(MX-5 ミアタ)
  • トヨタ プリウス 新型の欧州仕様
ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は1月26日、「2016ワールドカーオブザイヤー」のファイナリスト10台を発表した。

ワールドカーオブザイヤーは、2005年に開始。今回は2014年秋から2015年秋にかけてデビューした新型車の中から、最高の1台を選出する。条件は、2016年5月末まで生産と販売を継続しており、世界2大陸以上で販売していること。つまり、欧州専用車、北米専用車、日本専用車などは選考対象から外される。

投票は世界23 か国、74名のジャーナリストが、バリュー、安全性、環境性、コンセプトなど6項目を基準に行う。

2016ワールドカーオブザイヤーのファイナリスト10台は、以下の通り。

アウディA4
BMW X1
ヒュンダイ・ツーソン
ジャガーXE
ランドローバー・ディスカバリースポーツ
マツダCX-3
マツダ・ロードスター
メルセデスベンツGLC
シュコダ・スペルブ
トヨタ・プリウス

日本車では、マツダの2車種がファイナリスト10台の中に残った。『CX-3』と新型『ロードスター』の2台。前回は、新型『デミオ』がファイナリスト10台の中に選ばれていた。また、日本車では、新型トヨタ『プリウス』も、ファイナリスト10台に残っている。

2016ワールドカーオブザイヤーは2016年3月23日、米国で開幕するニューヨークモーターショー16で発表予定。前回は、新型メルセデスベンツ『Cクラス』が栄冠に輝いている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 「自動ブレーキ」名前の認知度97.3%も、半数は機能を誤解…JAF調べ

    「自動ブレーキ」名前の認知度97.3%も、半数は機能を誤解…JAF調べ

  2. 三菱自、燃費不正問題で特別損失1億円を計上

    三菱自、燃費不正問題で特別損失1億円を計上

  3. ガソリン11週連続値上がり、レギュラー前週比0.4円高の119.2円

    ガソリン11週連続値上がり、レギュラー前週比0.4円高の119.2円

  4. 三菱自、益子会長が社長職を兼任…副社長3名は退任

  5. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  6. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  7. 旭化成、リチウムイオン二次電池用セパレーターの設備能力を増強

  8. 米国高級車販売、BMWが首位…メルセデスとレクサスを抑える 4月

  9. ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

  10. 【カーエレ最前線】ライティングでドレスアップという選択

アクセスランキングをもっと見る