【まとめ】4ストモトクロッサーがフルモデルチェンジ、フレームは新設計…スズキ RM-Z250 | レスポンス(Response.jp)

【まとめ】4ストモトクロッサーがフルモデルチェンジ、フレームは新設計…スズキ RM-Z250

自動車 ビジネス 国内マーケット

【まとめ】4ストモトクロッサーがフルモデルチェンジ、フレームは新設計…スズキ RM-Z250
  • 【まとめ】4ストモトクロッサーがフルモデルチェンジ、フレームは新設計…スズキ RM-Z250
  • 【まとめ】4ストモトクロッサーがフルモデルチェンジ、フレームは新設計…スズキ RM-Z250
  • 【まとめ】4ストモトクロッサーがフルモデルチェンジ、フレームは新設計…スズキ RM-Z250
  • 【まとめ】4ストモトクロッサーがフルモデルチェンジ、フレームは新設計…スズキ RM-Z250
  • 【まとめ】4ストモトクロッサーがフルモデルチェンジ、フレームは新設計…スズキ RM-Z250
  • 【まとめ】4ストモトクロッサーがフルモデルチェンジ、フレームは新設計…スズキ RM-Z250
  • 【まとめ】4ストモトクロッサーがフルモデルチェンジ、フレームは新設計…スズキ RM-Z250
  • 【まとめ】4ストモトクロッサーがフルモデルチェンジ、フレームは新設計…スズキ RM-Z250
スズキは、4ストロークモトクロッサー『RM-Z250』をフルモデルチェンジし、9月7日より発売した。

今回のフルモデルチェンジでは、スタートダッシュ性能をアシストするスズキ・ホールショット・アシスト・コントロール(S-HAC)を標準装備した。また、新設計エンジンは、クランクケース・ピストン・カムシャフト等、80か所以上を改良。パワーバンドの拡大とフリクションロスの低減、減速フィーリングの改善を実現している。

車体では、軽量化と剛性を最適化し、コーナーリング性能を向上させた新設計メインフレームを採用した。フロントには最新のKYB製エアフォークシステムPSF2を採用し、大幅な軽量化、ダンパー性能向上、フリクション低減を実現。リヤにはインテグラルアジャスタシステム搭載の新型KYB製ショックを採用した。


※タイトルをクリックすると記事へリンクします。


◆変更点が多数

【スズキ RM-Z250 新型】競技用モトクロッサーが進化、ホールショット狙える新技術も

【スズキ RM-Z250 新型】新採用のKYB製エアフォークがもたらす恩恵

【スズキ RM-Z250 新型】エンジンは計80か所もの改良、フレームは完全新設計

【スズキ RM-Z250 試乗】スタートダッシュでレースを有利に戦える…青木タカオ
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品