日産、GT-R LM NISMO 発表…ルマン24時間レースに復帰へ | レスポンス(Response.jp)

日産、GT-R LM NISMO 発表…ルマン24時間レースに復帰へ

自動車 ニューモデル 新型車

NISSAN GT-R LM NISMO
  • NISSAN GT-R LM NISMO
  • NISSAN GT-R LM NISMO
  • NISSAN GT-R LM NISMO
  • NISSAN GT-R LM NISMO
  • NISSAN GT-R LM NISMO
  • NISSAN GT-R LM NISMO
  • NISSAN GT-R LM NISMO
  • NISSAN GT-R LM NISMO
日産自動車は2月1日、米国アメリカンフットボールの「第49回スーパーボウル」のコマーシャルタイムにおいて、ルマン24時間レース参戦車両、『NISSAN GT-R LM NISMO』を発表した。

この新型マシンは、スポーツカーレーシングの世界最高峰カテゴリー、FIA世界耐久選手権のLM P1(ルマンプロトタイプ1)クラスに参戦するために開発。同レースは英国シルバーストンで4月12日に開幕し、シリーズはベルギーのスパ、ルマン24時間およびドイツのニュルブルクリンクを経て、アメリカ、日本、中国、そして中東へと世界を転戦する。

パワートレインに関しては、日産はレースの技術規定を革新的方法で解釈。排気量3.0リットルのV型6気筒ガソリンツインターボエンジンに、エネルギー回生システムを組み合わせたフロントエンジン前輪駆動車となる。

FIA世界耐久選手権は、ここで得られた技術を今後のロードカー開発に反映するため、自動車会社にとって究極の試験場。エネルギー効率に注目する点において、レースカーエンジニアはロードカー開発のエンジニアと同様の挑戦に向き合う。日産によると、F1より技術的自由度が広いので、LM P1エンジニアには革新へのチャンスが多いという。

日産のグローバルマーケティングブランド担当、ルー ドゥ・ブリース常務執行役員は、「GT-Rは私たちのフラッグシップロードカー。この究極のGT-Rは、日産のモータースポーツおよびパフォーマンス部門を担うニスモが30年間にわたって培ってきたスポーツの血統を継承している。革新性が試されるルマンの舞台での成功は、私たちのロードカーラインアップに多大な革新をもたらすだろう」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品