日産 GT-R のセダン版、市販化計画は中止か…インフィニティ Q50 オールージュ

自動車 ニューモデル 新型車

インフィニティ Q50 オールージュ
  • インフィニティ Q50 オールージュ
  • インフィニティ Q50 オールージュ
  • インフィニティ Q50 オールージュ
  • インフィニティ Q50 オールージュの市販化計画中止を伝えた『Daily Kanban』
  • ベルギーのスパ・フランコルシャンに到着したインフィニティ Q50 オールージュ
  • インフィニティ Q50 オールージュ(グッドウッド14)
  • インフィニティ・Q50 オールージュ(モスクワモーターショー14)
  • インフィニティ・Q50 オールージュ(モスクワモーターショー14)
日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティの『Q50』(日本名:新型日産『スカイライン』)をベースにした高性能コンセプトカー、『Q50オールージュ』。同車の市販化計画が、中止されたのと情報がもたらされた。

これは12月24日、自動車ジャーナリストのBertel Schmitt氏が、『Daily Kanban』に寄稿した中で明らかにしたもの。同氏が自身のFacebookにおいて、GMの高級車ブランド、キャデラックの社長であり、元インフィニティのトップ、ヨハン・ダ・ネイシン氏と交わしたやり取りを、記事にして紹介している。

それによると、ヨハン・ダ・ネイシン氏は、あくまで噂と断ったうえで、「日産自動車の上層部が、Q50オールージュの市販化プロジェクトの中止を決めたようだ」と話したという。

Q50オールージュは2014年1月、デトロイトモーターショー14で発表。新型日産スカイラインの海外仕様車、インフィニティQ50をベースにした高性能コンセプトカーで、2014年3月のジュネーブモーターショー14では、パワートレインが日産『GT-R』から移植されると告げられ、話題に。

Q50オールージュのパワートレインは、日産GT-Rベースの3.8リットル(排気量3799cc)V型6気筒ツインターボ。最大出力は568ps、最大トルクは61.2kgmを発生する。トランスミッションは7速。駆動方式は、前後トルクを50対50に配分するフルタイム4WD。0-96km/h加速4秒以下、最高速290km/hの性能を誇る。

このQ50オールージュの市販化計画が中止されたとすれば、ファンにとっては残念なニュース。ヨハン・ダ・ネイシン氏は、「以前の部下である日産の開発チームを、鼓舞したい。なぜなら、日産の開発スタッフも、Q50オールージュの市販化を強く望んでいたからだ」と、明かしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. マツダ アクセラ、改良新型モデルの画像がリーク

    マツダ アクセラ、改良新型モデルの画像がリーク

  2. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター「スパイダー」欧州初公開へ

    【グッドウッド16】マツダ ロードスター「スパイダー」欧州初公開へ

  3. 日産 GT-R NISMO に2017年型…空力性能を向上

    日産 GT-R NISMO に2017年型…空力性能を向上

  4. 日産 エクストレイル NISMO…オンでもオフでも頼りになる走りを[写真蔵]

  5. スバル XV ハイブリッド tS コンセプト…ポップでキュートなSTI[写真蔵]

  6. ポルシェ 911 GT3 R、ニュル24時間に準備完了[動画]

  7. スバル レヴォーグ STIパーツ装着車、乗れば運転が上手くなる?[写真蔵]

  8. 【ホンダ アコード ハイブリッド】シフトがノブからボタン操作に変わった理由とは

  9. スバル BRZ、初の大幅改良…米国で先行公開

  10. 【北京モーターショー10】メルセデスベンツ Eクラス にロングボディ

アクセスランキングをもっと見る