日産 GT-R のセダン版、市販化計画は中止か…インフィニティ Q50 オールージュ

自動車 ニューモデル 新型車

インフィニティ Q50 オールージュ
  • インフィニティ Q50 オールージュ
  • インフィニティ Q50 オールージュ
  • インフィニティ Q50 オールージュ
  • インフィニティ Q50 オールージュの市販化計画中止を伝えた『Daily Kanban』
  • ベルギーのスパ・フランコルシャンに到着したインフィニティ Q50 オールージュ
  • インフィニティ Q50 オールージュ(グッドウッド14)
  • インフィニティ・Q50 オールージュ(モスクワモーターショー14)
  • インフィニティ・Q50 オールージュ(モスクワモーターショー14)
日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティの『Q50』(日本名:新型日産『スカイライン』)をベースにした高性能コンセプトカー、『Q50オールージュ』。同車の市販化計画が、中止されたのと情報がもたらされた。

これは12月24日、自動車ジャーナリストのBertel Schmitt氏が、『Daily Kanban』に寄稿した中で明らかにしたもの。同氏が自身のFacebookにおいて、GMの高級車ブランド、キャデラックの社長であり、元インフィニティのトップ、ヨハン・ダ・ネイシン氏と交わしたやり取りを、記事にして紹介している。

それによると、ヨハン・ダ・ネイシン氏は、あくまで噂と断ったうえで、「日産自動車の上層部が、Q50オールージュの市販化プロジェクトの中止を決めたようだ」と話したという。

Q50オールージュは2014年1月、デトロイトモーターショー14で発表。新型日産スカイラインの海外仕様車、インフィニティQ50をベースにした高性能コンセプトカーで、2014年3月のジュネーブモーターショー14では、パワートレインが日産『GT-R』から移植されると告げられ、話題に。

Q50オールージュのパワートレインは、日産GT-Rベースの3.8リットル(排気量3799cc)V型6気筒ツインターボ。最大出力は568ps、最大トルクは61.2kgmを発生する。トランスミッションは7速。駆動方式は、前後トルクを50対50に配分するフルタイム4WD。0-96km/h加速4秒以下、最高速290km/hの性能を誇る。

このQ50オールージュの市販化計画が中止されたとすれば、ファンにとっては残念なニュース。ヨハン・ダ・ネイシン氏は、「以前の部下である日産の開発チームを、鼓舞したい。なぜなら、日産の開発スタッフも、Q50オールージュの市販化を強く望んでいたからだ」と、明かしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【パリモーターショー16】シトロエン Cエクスペリエンス 発表へ…最上級車?

    【パリモーターショー16】シトロエン Cエクスペリエンス 発表へ…最上級車?

  2. 【レヴォーグ STIスポーツ】ユーザーに寄り添える内装色

    【レヴォーグ STIスポーツ】ユーザーに寄り添える内装色

  3. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

    【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  4. セダンのトランクに積める折りたたみ自転車、あさひが発売

  5. 【パリモーターショー16】ホンダ シビック タイプR 次期型、予告コンセプトお披露目か

  6. 【トヨタ プリウスPHV 新型】現行プリウスベースのPHV、EVモード航続距離は60kmに[写真蔵]

  7. クラウン&ランクル、トヨタ店創立70周年記念特別仕様車を発売

  8. クラウン アスリート J-フロンティア に東レのウルトラスエードが採用

  9. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  10. 【パリモーターショー16】オペル アンペラe 市販版を公開へ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら