【スカイラインハイブリッド エコラン競争】トップは燃費21.3km/リットル、余裕のカタログ値超え | レスポンス(Response.jp)

【スカイラインハイブリッド エコラン競争】トップは燃費21.3km/リットル、余裕のカタログ値超え

エコカー 燃費

スカイラインハイブリッド エコラン競争
  • スカイラインハイブリッド エコラン競争
  • スカイラインハイブリッド エコラン競争
  • スカイラインハイブリッド エコラン競争
  • スカイラインハイブリッド エコラン競争
  • スカイラインハイブリッド エコラン競争
  • スカイラインハイブリッド エコラン競争
  • スカイラインハイブリッド エコラン競争
  • スカイラインハイブリッド エコラン競争
日産『スカイラインハイブリッド』を使ったメディア対抗エコラン大会。27日から1週間にわたり開催された大会に20メディアが参加、最終結果は21.3km/リットルを記録した『モーターファン・イラストレーテッド』がトップ、参加した20メディアの平均燃費は20km/リットルだった。

大会は、スタートから4時間以内の時間制限とクルーズコントロールの使用を禁止する以外、車両モードやコース選択はほぼ自由。コースは、横浜の日産グローバル本社から静岡県静岡市にある日本平ホテルまでの、おおよそ170kmとなる。

本誌編集部も同大会に参加、日産グローバル本社をスタート後、首都高速から東名高速、新東名と主に高速道路を使うルートを走った。東名高速の御殿場までの区間は、上り勾配が多くエンジンが始動してしまうため燃費は悪化傾向であったが、御殿場の先、新東名に入ってからは、20km/リットルを超える場面もあり、最終的に燃費19.9km/リットルを記録した。

スカイラインに採用されたハイブリッドシステムでは、下り坂を活用してエンジンを停止してモーターのみで走る、慣性走行(日産では:セーリング走行と呼ぶ)をうまく引き出すのが燃費を良くするコツとなるが、大会結果を見ると、20km/リットル超えを達成したチームは10チームとなり、18位までは19km/リットル超えを達成するなど接戦であった。

順位:媒体名/平均燃費(km/リットル)/総走行距離(km)/EV走行距離(km)/EV走行率
1:『モーターファン・イラストレーテッド』/ 21.3 / 189.6 / 98.6 / 52.0%
2:『ホリデーオート』/ 21.1 / 191.6 / 104.4 / 54.5%
3:『CARトップ』/ 21.1 / 201.7 / 104.8 / 52.0%
4:『carview!』/ 20.7 / 185.5 / 99.6 / 53.7%
5:『CORISM』/ 20.7 / 188.4 / 94.2 / 50.0%
6:『ザ・マイカー』/ 20.6 / 186.2 / 100.5 / 54.0%
7:『Goo』/ 20.5 / 194.0 / 100.4 / 51.8%
8:『月刊自家用車』/ 20.4 / 191.6 / 93.2 / 48.6%
9:『自動車工学』/ 20.2 / 192.4 / 89.7 / 46.6%
10:『オートックワン』/ 20.0 / 191.1 / 101.6 / 53.2%
11:『ベストカー』/ 19.9 / 196.3 / 94.6 / 48.2%
12:『レスポンス』/ 19.9 / 175.7 / 84.3 / 48.0%
13:『カーセンサー』/ 19.8 / 192.1 / 89.1 / 46.4%
14:『カー・マガジン』/ 19.6 / 178.2 / 96.5 / 54.2%
15:『CAR Watch』/ 19.6 / 167.9 / 80.8 / 48.1%
16:『webCG』/ 19.5 / 190.9 / 89.3 / 46.8%
17:『ル・ボラン』/ 19.4 / 191.2 / 91.4 / 47.8%
18:『クリッカー』/ 19.3 / 190.4 / 92.1 / 48.4%
19:『driver』/ 18.8 / 214.8 / 94.4 / 43.9%
20:『ENGINE』/ 17.0 / 192.7 / 108.4 / 56.3%

参考記録:日産広報チーム / 20.6 / 189.6 / 90.5 / 47.7%
参考記録:日産開発チーム / 21.3 / 193.4 / 111.7 / 57.8%
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品