日産 GT-R NISMO、米国第一号車を納車…「まさにエキサイティング」

自動車 ニューモデル 新型車

日産 GT-R NISMOの米国第一号車
  • 日産 GT-R NISMOの米国第一号車
  • 日産 GT-R NISMOの米国第一号車
  • 日産 GT-R NISMOの米国第一号車
  • 日産 GT-R NISMOの米国第一号車
  • 日産 GT-R NISMOの米国第一号車
  • 日産 GT-R NISMOの米国第一号車
  • 日産 GT-R NISMOの米国第一号車
日産自動車の米国法人、北米日産は10月27日、日産『GT-R NISMO』の米国第一号車を顧客に引き渡した、と発表した。

GT-R NISMOは2013年11月、東京モーターショー13で発表された『GT-R』のフラッグシップモデル。VR38DETT型3.8リットルV型6気筒ツインターボエンジンは、レーシングカーの『GT-R NISMO GT3』用の高効率な大容量タービンをはじめ、気筒ごとに最適な点火時期をコントロールする制御や、最適な燃料噴射量をコントロールするインジェクター駆動回路を採用。

この結果、最大出力600ps、最大トルク66.5kgmを引き出す。これはノーマルに対して、50ps、2kgmのパワー&トルクの向上にあたる。

また、サスペンションやブレーキなどの足回り、エアロパーツなどの外装、インテリアも専用仕立て。ボディ剛性も引き上げられた。米国でのベース価格は、14万9990ドル(約1690万円)。ポルシェ『911ターボ』の15万1100ドル(約1700万円)に匹敵する。

北米日産は10月27日、日産GT-R NISMOの米国第一号車を顧客に引き渡し。米国ノースカロライナ州在住のMatt McCulloh氏に、ブラックボディの1台が納車された。同氏は2006年、北米のGT-Rオーナーズクラブ、「NAGTROC」を立ち上げた人物。キーを受け取った同氏は、「まさにエキサイティング」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「日米開発者の文化の衝突がNSXを作った」

    【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「日米開発者の文化の衝突がNSXを作った」

  2. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

    【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  3. クラウン&ランクル、トヨタ店創立70周年記念特別仕様車を発売

    クラウン&ランクル、トヨタ店創立70周年記念特別仕様車を発売

  4. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  5. 【パリモーターショー16】ホンダ シビック タイプR 次期型、予告コンセプトお披露目か

  6. アウディ A7スポーツバック 次期型を初スクープ! ボディ拡大、自動運転も

  7. VW ゴルフR ヴァリアント、カーボンミラー採用の限定モデル発売

  8. セダンのトランクに積める折りたたみ自転車、あさひが発売

  9. 【ホンダ NSX 新型】生産責任者ズソーザ氏「110人の熟練工を選ぶのは大変だった」

  10. BMW 5シリーズ 次期型、「リモートビュー3D」採用へ…スマホで操作

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら