【SEMAショー14】サイオン tC がヘビメタ「スレイヤー」仕様に変身

自動車 ニューモデル 新型車

サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
  • サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
  • サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
  • サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
  • サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
  • サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
  • サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
  • サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
  • サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
トヨタ自動車の米国若者向けブランド、サイオンは10月30日、米国で11月4日に開幕するSEMAショー14において、サイオン『tC』のカスタマイズカー、『xスレイヤー・モービルアンプtC』を初公開すると発表した。

初代tCは、サイオンの入門FFクーペとして、2004年に発表。エンジンは、2.4リットル直列4気筒ガソリンで、最大出力161ps。2代目サイオンtCは2010年3月、ニューヨークモーターショー10で発表。初代よりもスポーティなキャラクターを鮮明にした。2013年春、ニューヨークモーターショー13では、サイオンtCの2014年モデルが登場。現行型のデビューから3年を経て、初の大幅改良を受け、フロントマスクを一新している。

SEMAショー14で初公開されるのが、サイオンtCの最新カスタマイズカー、xスレイヤー・モービルアンプtC。有名ヘビーメタルバンド、「スレイヤー(SLAYER)」のために製作されたワンオフモデルで、「Mike Vu of MV DESIGNZ」が手がけた。

全身ブラックのボディのボンネットには、スレイヤーのトレードマーク。サイドドアは、逆ヒンジに改造された。ボディサイドには、スレイヤーのロゴとドクロが描かれる。

スレイヤー仕様だけに、オーディオはグレードアップ。パイオニア製の特注オーディオを核に、高出力アンプやタワースピーカー、ミキサー、32インチのモニターなどを採用。また、シフトレバーはドクロ、サイドブレーキレバーは剣をモチーフにしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

    【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  2. 【レヴォーグ STIスポーツ】“一発屋”では終わらない

    【レヴォーグ STIスポーツ】“一発屋”では終わらない

  3. VW ゴルフ 改良新型、画像がリーク

    VW ゴルフ 改良新型、画像がリーク

  4. 【レヴォーグ STIスポーツ】スポーティネスと質感の両方を表現

  5. ブガッティの ビジョンGT、ガス欠…ゲームではない[動画]

  6. 【トヨタ プリウスPHV 新型】開発責任者「現行モデルの不満点をすべて直した」

  7. ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

  8. 【モスクワモーターショー16】Xコードコンセプト…ラーダの新世代デザインがさらに進化

  9. 【モスクワモーターショー16】ラーダ ベスタ に「スポーツ」…WTCCのノウハウ応用

  10. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら