【SEMAショー14】サイオン tC がヘビメタ「スレイヤー」仕様に変身

自動車 ニューモデル 新型車

サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
  • サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
  • サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
  • サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
  • サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
  • サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
  • サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
  • サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
  • サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
トヨタ自動車の米国若者向けブランド、サイオンは10月30日、米国で11月4日に開幕するSEMAショー14において、サイオン『tC』のカスタマイズカー、『xスレイヤー・モービルアンプtC』を初公開すると発表した。

初代tCは、サイオンの入門FFクーペとして、2004年に発表。エンジンは、2.4リットル直列4気筒ガソリンで、最大出力161ps。2代目サイオンtCは2010年3月、ニューヨークモーターショー10で発表。初代よりもスポーティなキャラクターを鮮明にした。2013年春、ニューヨークモーターショー13では、サイオンtCの2014年モデルが登場。現行型のデビューから3年を経て、初の大幅改良を受け、フロントマスクを一新している。

SEMAショー14で初公開されるのが、サイオンtCの最新カスタマイズカー、xスレイヤー・モービルアンプtC。有名ヘビーメタルバンド、「スレイヤー(SLAYER)」のために製作されたワンオフモデルで、「Mike Vu of MV DESIGNZ」が手がけた。

全身ブラックのボディのボンネットには、スレイヤーのトレードマーク。サイドドアは、逆ヒンジに改造された。ボディサイドには、スレイヤーのロゴとドクロが描かれる。

スレイヤー仕様だけに、オーディオはグレードアップ。パイオニア製の特注オーディオを核に、高出力アンプやタワースピーカー、ミキサー、32インチのモニターなどを採用。また、シフトレバーはドクロ、サイドブレーキレバーは剣をモチーフにしている。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品