【SEMAショー14】サイオン tC がヘビメタ「スレイヤー」仕様に変身

自動車 ニューモデル 新型車

サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
  • サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
  • サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
  • サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
  • サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
  • サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
  • サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
  • サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
  • サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
トヨタ自動車の米国若者向けブランド、サイオンは10月30日、米国で11月4日に開幕するSEMAショー14において、サイオン『tC』のカスタマイズカー、『xスレイヤー・モービルアンプtC』を初公開すると発表した。

初代tCは、サイオンの入門FFクーペとして、2004年に発表。エンジンは、2.4リットル直列4気筒ガソリンで、最大出力161ps。2代目サイオンtCは2010年3月、ニューヨークモーターショー10で発表。初代よりもスポーティなキャラクターを鮮明にした。2013年春、ニューヨークモーターショー13では、サイオンtCの2014年モデルが登場。現行型のデビューから3年を経て、初の大幅改良を受け、フロントマスクを一新している。

SEMAショー14で初公開されるのが、サイオンtCの最新カスタマイズカー、xスレイヤー・モービルアンプtC。有名ヘビーメタルバンド、「スレイヤー(SLAYER)」のために製作されたワンオフモデルで、「Mike Vu of MV DESIGNZ」が手がけた。

全身ブラックのボディのボンネットには、スレイヤーのトレードマーク。サイドドアは、逆ヒンジに改造された。ボディサイドには、スレイヤーのロゴとドクロが描かれる。

スレイヤー仕様だけに、オーディオはグレードアップ。パイオニア製の特注オーディオを核に、高出力アンプやタワースピーカー、ミキサー、32インチのモニターなどを採用。また、シフトレバーはドクロ、サイドブレーキレバーは剣をモチーフにしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. ホンダ NSX 新型、環境性能でフェラーリ/マクラーレン凌駕

    ホンダ NSX 新型、環境性能でフェラーリ/マクラーレン凌駕

  2. ポルシェ パナメーラ 新型、ニュルで7分38秒…高級セダン最速

    ポルシェ パナメーラ 新型、ニュルで7分38秒…高級セダン最速

  3. 【スバル インプレッサ 新型】専用サイトで国内仕様を公開…歩行者保護エアバッグを初装備

    【スバル インプレッサ 新型】専用サイトで国内仕様を公開…歩行者保護エアバッグを初装備

  4. メルセデス Eクラスワゴン新型、欧州での受注を開始

  5. 【パリモーターショー16】スマート 新型にEV、初公開へ

  6. アウディ RS3 に400馬力セダン! ニュルで高速テスト

  7. 【パリモーターショー16】シュコダの新SUV、コディアック…ワールドプレミアへ

  8. メルセデス GLC クーペ、欧州受注開始…4万9444ユーロから

  9. ホンダ NSX 新型、最高速は308km/h…欧州仕様

  10. ホンダ アコード、米国で2017年型…スポーティ仕様登場

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら