【SEMAショー14】サイオン tC がヘビメタ「スレイヤー」仕様に変身

自動車 ニューモデル 新型車

サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
  • サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
  • サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
  • サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
  • サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
  • サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
  • サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
  • サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
  • サイオン xスレイヤー・モービルアンプ tC
トヨタ自動車の米国若者向けブランド、サイオンは10月30日、米国で11月4日に開幕するSEMAショー14において、サイオン『tC』のカスタマイズカー、『xスレイヤー・モービルアンプtC』を初公開すると発表した。

初代tCは、サイオンの入門FFクーペとして、2004年に発表。エンジンは、2.4リットル直列4気筒ガソリンで、最大出力161ps。2代目サイオンtCは2010年3月、ニューヨークモーターショー10で発表。初代よりもスポーティなキャラクターを鮮明にした。2013年春、ニューヨークモーターショー13では、サイオンtCの2014年モデルが登場。現行型のデビューから3年を経て、初の大幅改良を受け、フロントマスクを一新している。

SEMAショー14で初公開されるのが、サイオンtCの最新カスタマイズカー、xスレイヤー・モービルアンプtC。有名ヘビーメタルバンド、「スレイヤー(SLAYER)」のために製作されたワンオフモデルで、「Mike Vu of MV DESIGNZ」が手がけた。

全身ブラックのボディのボンネットには、スレイヤーのトレードマーク。サイドドアは、逆ヒンジに改造された。ボディサイドには、スレイヤーのロゴとドクロが描かれる。

スレイヤー仕様だけに、オーディオはグレードアップ。パイオニア製の特注オーディオを核に、高出力アンプやタワースピーカー、ミキサー、32インチのモニターなどを採用。また、シフトレバーはドクロ、サイドブレーキレバーは剣をモチーフにしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【レヴォーグ STI Sport】高級ホテルにも乗りつけられる、ただし踏みすぎなければ…高橋克典

    【レヴォーグ STI Sport】高級ホテルにも乗りつけられる、ただし踏みすぎなければ…高橋克典

  2. トヨタ オーリス 次期型が初露出! “キーンルック”が変わる!?

    トヨタ オーリス 次期型が初露出! “キーンルック”が変わる!?

  3. ポルシェ パナメーラ 新型、「4S」は2.9ツインターボ440馬力

    ポルシェ パナメーラ 新型、「4S」は2.9ツインターボ440馬力

  4. シトロエン C3 新型、公式発表…Bセグコンパクトが3世代目に

  5. ルノー アラスカン、間もなくデビュー…新型ピックアップトラック

  6. 日本発売はまだか? ホンダ シビックセダン、欧州版が走った

  7. トヨタ パッソ どれほどカイテキ? 便利機能と安全装備[動画]

  8. トヨタ ポルテ/スペイド に特別仕様、ウォッシャブルカバーシートなど装備

  9. スズキ スーパー キャリイ、インドから輸出開始

  10. スバル、レヴォーグの最上級グレード STIスポーツ発売…代官山T-SITEで特別展示

アクセスランキングをもっと見る