熊本電気鉄道と川崎重工業は3月14日、川崎重工が開発した新型台車「efWING(イーエフ・ウィング)」を装着した車両の営業運転を開始したと発表した。

efWINGは、従来の台車では鋼製だった台車フレームの主構造に炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を使用し、サスペンション機能も持たせてコイルバネを不要とした台車。構造の簡素化を図ることで、1台車あたり約450kgの軽量化が図られている。これにより走行時のエネルギー消費量を抑えることができるほか、カーブなどを走行する際に車輪からレールに伝わる上下荷重の減少(輪重抜け)を半減させ、脱線の防止にも効果があるという。

川崎重工は今回、熊本電鉄にefWINGを2台納入。熊本電鉄の藤崎宮前(熊本市中央区)~御代志(熊本県合志市)間で運用されている車両にefWINGが装着され、3月14日から営業運転を開始した。台車のフレームにCFRPを採用したのはefWINGが世界初とされており、営業運転で用いられるのも今回が世界で初めてとなる。
《編集部》