人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

日産 ノート で燃費30km/リットル超え…横浜〜名古屋往復エコチャレンジ

エコカー 燃費

日産自動車の新型『ノート』でエコドライブを競う「ノートエコドライブチャレンジ」が1月24日・25日の2日間、開催された。同イベントは、横浜〜名古屋往復の燃費を競うもので、腕に自信のある自動車メディア19媒体が参加。そんな中、自動車雑誌『ホリデーオート』が30.3km/リットルを記録して優勝した。

イベントに使用した新型ノートは、1.2リットル3気筒直噴エンジンにスーパーチャージャーを搭載しCVTを組み合わせたモデルで、JC08モード燃費は24.0km/リットル(X DIG-Sグレード)。大会では主に高速道路を舞台に、その燃費性能とドライバーのエコドライブのテクニックが試された。

走行距離は横浜〜名古屋の往復約650km。推奨ルートは、横浜の日産本社を出発してすぐ首都高に入り、横浜町田から東名高速道路、御殿場からは新東名を使い、再び東名高速、伊勢湾岸道、名古屋高速を通る高速コース。復路もその逆を辿るもので、全体の9割以上でが高速道路を使った速度域の高い燃費チャレンジとなる。

初日となる24日の往路は、9時半頃から横浜の日産本社をスタート、15時までに名古屋の愛知機械工業への到着を目指し、おおよそ6時間となる長い戦いとなった。25日の復路も、名古屋駅近くのホテルを9時半頃にスタート、日産本社へは15時到着がタイムリミットとなった。ちなみに愛知機械工業は、新型ノートのエンジンを生産するパワートレイン工場だ。

各チームの走りをみると、速度を控え80km/h前後の一定速度で走行するものとなっており、中間地点となる愛知機械工業到着時の平均燃費は、ENGINEチームが29.9km/リットルでトップ、ホリデーオートチームは29.8km/リットルで2位と、上位チームは0.1km/リットルを争う厳しい戦いとなった。

最終燃費は6位までが29km/リットル台を記録、参加した19媒体全てが、ノートのJC08モード燃費24.0km/リットル(X DIG-Sグレード)を超えた。ほとんどの区間が高速道路だったということもあるにせよ、新型ノートの高い燃費性能が実証されたかたちだ。

ノートエコドライブチャレンジ最終結果
1位:30.3km/リットル『ホリデーオート』
2位:29.8km/リットル『CAR GRAPHIC』
3位:29.7km/リットル『Xa car』
4位:29.3/km/リットル『CARトップ』
5位:29.2km/リットル『ENGINE』
6位:29.1km/リットル『月刊自家用車』
7位:28.5km/リットル『ベストカー』
9位:28.1km/リットル『カーマガジン』
9位:28.1km/リットル『GOO』
10位:27.4km/リットル『Car Sensor』
11位:27.3km/リットル『モーターマガジンMOVIE』
13位:27.2km/リットル『LE VOLANT』
13位:27.2km/リットル『corism』
14位:26.9km/リットル『レスポンス』
15位:25.9km/リットル『カーウォッチ』
16位:25.7km/リットル『Web CG』
18位:25.5km/リットル『オートックワン』
18位:25.5km/リットル『カービュー』
19位:25.4km/リットル『driver』

・日産ノートの実燃費を『e燃費/カーライフナビ』で調べる
・実燃費ランキングを『e燃費/カーライフナビ』で見る
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. BMW i3 改良新型、予約がほぼ5000台…欧州

    BMW i3 改良新型、予約がほぼ5000台…欧州

  2. 日産 ムラーノ 新型にハイブリッド、米国市場で発売

    日産 ムラーノ 新型にハイブリッド、米国市場で発売

  3. 三菱リコール問題を一気読み

    三菱リコール問題を一気読み

  4. メルセデス SクラスのPHV、EVモードが1.5倍に…2017年

  5. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  6. トヨタの欧州ハイブリッド車販売、44%増の14万台超え 上半期

  7. 【パリモーターショー 16】メルセデス、新型EVコンセプト初公開へ…航続500km

  8. BMW 320i 燃費レポート…16.9km/リットル、まだまだ伸びる

  9. テスラ、商用車に進出…2017年にEVトラックとバスを発表へ

  10. 燃料費無料、排ガスゼロで本州縦断---テスラ、浜松に充電施設を開設

アクセスランキングをもっと見る