【高速道路新料金】JR7社が反対を表明

自動車 ビジネス 企業動向

18日、JR7社(北海道、東日本、東海、西日本、四国、九州、日本貨物鉄道)は連名で、高速道路無料化や上限料金制度について反対を表明し、実施を見送るよう要望書を国土交通大臣に提出した。

要望書では、高速道路の原則無料化や上限料金制度に関して、「環境政策との整合性」、「負担の公平性」、「我が国の交通体系への影響」の3点から大きな問題がある施策であると指摘。十分な議論が尽くされず必要な措置がされないまま、制度改正が性急に進められていくことに強い危惧感を表した。

要望書で取り上げられた問題点の要点
●CO2排出量を増加させる施策を実施することは時代に逆行するもの。
●受益者負担の原則を覆し、広く国民にその負担を求めることについて、納得が得られるとは考えられない。
●新たな上限料金制度が実施されることとなれば、鉄道事業に及ぼす影響はさらに拡大することは確実。
《》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品