【高速道路新料金】JR7社が反対を表明

自動車 ビジネス 企業動向

18日、JR7社(北海道、東日本、東海、西日本、四国、九州、日本貨物鉄道)は連名で、高速道路無料化や上限料金制度について反対を表明し、実施を見送るよう要望書を国土交通大臣に提出した。

要望書では、高速道路の原則無料化や上限料金制度に関して、「環境政策との整合性」、「負担の公平性」、「我が国の交通体系への影響」の3点から大きな問題がある施策であると指摘。十分な議論が尽くされず必要な措置がされないまま、制度改正が性急に進められていくことに強い危惧感を表した。

要望書で取り上げられた問題点の要点
●CO2排出量を増加させる施策を実施することは時代に逆行するもの。
●受益者負担の原則を覆し、広く国民にその負担を求めることについて、納得が得られるとは考えられない。
●新たな上限料金制度が実施されることとなれば、鉄道事業に及ぼす影響はさらに拡大することは確実。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 軍用ロボ? いえトラクターです…ランボルギーニ MACH VRT T4i

    軍用ロボ? いえトラクターです…ランボルギーニ MACH VRT T4i

  2. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  3. 自動車メーカー、他社牽制力ランキング トップ3はトヨタ 日産 ホンダ

    自動車メーカー、他社牽制力ランキング トップ3はトヨタ 日産 ホンダ

  4. マツダ、海外生産が25か月ぶりのマイナス…4月実績

  5. “塗装のスペシャリスト”が手がけるオリジナルボディコーティング、「GM CARE」とは?…ガラージュモリ

  6. 【スマートコミュニティ16】トヨタ、新型プリウスPHV 日本仕様を初公開

  7. 三菱自、登録車販売除き、生産・販売ともに前年同月比マイナス…燃費不正の影響大

  8. スバル富士重、国内販売が5か月ぶりのプラス…4月実績

  9. 【人とくるまのテクノロジー16】住友電装、軽くて安いアルミハーネスで市場の席巻狙う

  10. トヨタ、熊本地震による組立工場稼働停止が影響し国内生産18.8%減…4月実績

アクセスランキングをもっと見る