【高速道路新料金】JR7社が反対を表明

自動車 ビジネス 企業動向

18日、JR7社(北海道、東日本、東海、西日本、四国、九州、日本貨物鉄道)は連名で、高速道路無料化や上限料金制度について反対を表明し、実施を見送るよう要望書を国土交通大臣に提出した。

要望書では、高速道路の原則無料化や上限料金制度に関して、「環境政策との整合性」、「負担の公平性」、「我が国の交通体系への影響」の3点から大きな問題がある施策であると指摘。十分な議論が尽くされず必要な措置がされないまま、制度改正が性急に進められていくことに強い危惧感を表した。

要望書で取り上げられた問題点の要点
●CO2排出量を増加させる施策を実施することは時代に逆行するもの。
●受益者負担の原則を覆し、広く国民にその負担を求めることについて、納得が得られるとは考えられない。
●新たな上限料金制度が実施されることとなれば、鉄道事業に及ぼす影響はさらに拡大することは確実。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【訃報】日産 塙義一前社長が死去…ルノーとの資本提携を決断

    【訃報】日産 塙義一前社長が死去…ルノーとの資本提携を決断

  2. スズキ鈴木俊宏社長「壁をぶち破る」、チームスズキで閉鎖体質を変えられるか

    スズキ鈴木俊宏社長「壁をぶち破る」、チームスズキで閉鎖体質を変えられるか

  3. スズキ鈴木修会長がCEO辞退、本田副社長退任...燃費不正の引責

    スズキ鈴木修会長がCEO辞退、本田副社長退任...燃費不正の引責

  4. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  5. 【訃報】稲川スズキ元会長が死去

  6. 恋人に会うために使えるタクシー料金、あなたはいくら?…ゼンリンデータコム調査結果

  7. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  8. タントや京阪電車、信号機…さまざまな工業デザインの世界を紹介するイベントが開催

  9. 富士重、「SUBARU」への社名変更を株主総会で決議

  10. 【川崎大輔の流通大陸】「メイドインジャパンは必要ない」タイで生きる日系ブランド

アクセスランキングをもっと見る